マンション探し in 有楽町線沿線 2016を振り返る

今日は池袋に買い物に行こうとしたら、朝から東武東上線が人身事故で止まっていたり
( ̄▽ ̄;)!!ガーン、そうと知ってたら有楽町線使ったのに・・・
東上線と有楽町線は乗り入れてるのでどっちかで事故があったりすると、両方止まるのですが、今日は有楽町線は動いてるらしかった。
この年の瀬で事故に遭われた方は大変お気の毒ですが。

とりあえず、バスで池袋へ。都バスで飛ばすぜ~!ってやつですね。ヾ(–;)ぉぃぉぃ

買い物や雑用も済んで、のんびりテレビを見ながらの年越しです。

今年も残すところ後数時間となり、私の中古マンション購入プロジェクトもスタートして早数か月となりました。

一言で言ってしまえば想像以上の苦戦を強いられてます。ってか有楽町線沿線あんまり物件出てないし・・・
そこへ持ってきて信用して良いのか悪いのかよくわかんない不動産マン(D不動産のS氏)の出現、
想像以上に手ごわいチャイナマネー、
よくわかんない金利の計算、
バカ高い手数料(嫌なら新築買えよって感じですが)、
微妙に買う側より上から目線の売り主サイド、

とまぁ想定外が止まらない、もぉ~、止まらない♪

ただ、このブログを通じて、同じ独身女性でマンション購入された方々からメッセージやコメントをいただいて大変感謝しております。励みにもなっています。皆さまもやっぱり同じとこで迷ったり悩んだりしたんだぁ~!!と思うとホッとしたり勇気づけられたり。

マンション購入に興味があるのって男性より女性のほうかもしれませんね。基本的に巣作りは女性の本能だと思います。男性の場合は、結婚とか投資目的とかのきっかけが多いのではないでしょうかね。
純粋に自分の居場所、としてのマンションということでは女性の方が積極的な気がします。

女性のためのかしこいマンション購入術講座」でも小島ひろ美氏が「女性の場合、セミナー参加者の約3割がセミナー後にマンション購入に向けて動き出すけど、男性の場合は100人がセミナーに参加したとして実際にその後動き出すのは約3人」とおっしゃってましたが、わかる気がします。

夏頃からぼんやりマンション購入を考えだしたときに、友人のクミちゃんが約10年前に約800万で購入した約築40年の超中古マンションに約1100万の値段で売り出した(注:まだ売れてません)時、このまま2020年を迎えちゃったら東京に住めなくなるかも?!それまでにマンションを!!と思い、10月から具体的な行動を開始しました。
まだ、この頃は現実の厳しさを知らず、理想を膨らましちゃってましたね~、近くにスタバがあったら良いとか(この記事の頃:理想の環境・・・近くにスタバ

現実は近所にスタバどころか、駅からバスで10分、近所にコンビニすらも危うい、物件が候補に入っている状態。

1月は物件が一番たくさん出るらしいのでここは一つ、よーく目を光らせておかねば・・・今度こそ、中国大陸には持っていかれたくない!!
4000年の歴史が何だってたんだ!こっちにだってアラフィフの歴史があらぁな!負けてたまるかってんだい!!とワケのわからん闘志を燃やしてます。

好物件、日中争奪戦激化!の様相を呈してきましたが、皆様、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

大みそかの今日は都心もだいぶ空いていて、サンシャインの前の道路(Animateのとこ)も車の通りが途絶えてました。
こういう時の東京も好きです(^・^)

2016年大みそか、お昼前頃

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク