氷川台のティップネスで、ある不動産屋さんと気まずい再会をした話

沸騰ワード10によると大野拓朗(NHKの朝ドラ、わろてんかでブレイク中のイケメン俳優)は物件へのこだわりが強過ぎて物件探しでは数々の不動産屋に匙を投げられたとのことですが、私も負けちゃいません。

今回の分譲探しも過去の賃貸の時の物件探しもかなり多くの不動産屋に
「また、何か良い物件がでたらご紹介しますんで~」との決まり文句でフェードアウトされてきた。

また、氷川台駅前のLハウジングでは
「ここまで物件をご紹介して気に入ってもらえないのであればウチにはもうご紹介できる物件はありません」
とはっきり言われてしまった。

といってもここ、ガチでろくな賃貸物件紹介してくれなかったんだぜぃ。

氷川台駅前、ある土曜日の昼下がり・・・何も無いな

氷川台の場合、大手のチェーン店の不動産屋より地元密着型で古くからある小さな不動産屋さんのほうが良い物件情報持ってたりするんですよね。

ただ、そういう不動産屋さん、大抵、熟女のお姉さんかおっさんが店番してて愛想悪いので困る。
良い言い方をすれば商売っ気が無くてピュアとも言えるけど。

賃貸にしろ分譲にしろ氷川台で物件を探すなら不動産屋とかをアテにせず、別の角度から探した方が意外と見つかったりするんじゃないかと思う。

というのはですね、氷川台ってのは土地持ちの富裕な方が多いのですが、その方々がそのように見えない、というのがありまして。

意図的なのか、氷川台の富裕層は金持ちオーラを消すのが上手いこと・・・(パチパチ拍手)

氷川台のティップネス、電線が多くて・・・

しかもその富裕層達が意外な場所にいたりするんですよ、私が一つ発見したのは氷川台のティップネス。

ここで、ほぼ毎日通ってきて、ラテン系のダンスのクラスで趣旨の違う腰の動きをしてるおっさんやデビュー前の井森美幸をほうふつさせるダンスをしているオバさんがとんでもない金持ちだったりするから対応に困ってしまう。

このティップネスのプールにほぼ毎日のように来ていたガタイの良いマダム、見た目はちょっと怖そうだったのですが、目が合うと丁寧にあいさつをしてくれて感じの良さそうなオバ様、だけど居ずまいがちょっとタダ者ではない感がある。。。

で、そのマダムは江古田に古くからある不動産屋さんの女社長さんだと知ったとき、うーん、お近づきになりたい!!と思い話しかけるタイミングを狙っていたのですが、その女社長さん、大抵お嫁さんとおぼしき女性同伴で来ることが多く、どうもこのお嫁さんのほうと私、どこかで面識がある、しかも良い印象ではない・・・

向こうも私に対してなーんか敵愾心のようなものを感じる・・・

このマダムとお嫁さんの会話から、そうだ、以前(2009年)に賃貸物件探しをした時に氷川台のあるマンションを内見してくれた不動産屋の人だ!!

その物件はわりと良かったのですが、その内見してくれた女の人(つまりお嫁さん)とすごく険悪になってしまい内見途中で訣別したやつだ!!

もし、向こうが私のことを覚えていたら、このマダムと友好関係を築く、なんて絶対ムリじゃーん!
だって、このお嫁さんとマダムはとても仲良さそうだし。

ティップネスは去年の初めに退会してしまいそれっきりですが、よく、
「出会いはどこにあるかわからない」、と言いますが
「気まずい再会もどこにあるかわかんない」っすよね。

私、むしろ、こっちの方が多い気がする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク