エアコン、10年越えたら修理か買い替えか・・・

前回、書いたこのエアコンの話。

富士通のエアコン、ルーバーが閉まらない
エアコンの吹き出し口のところ、ルーバーって言うんですか? ウチのLDKのエアコン、あそこが開きっぱなしなんですよ。 コレって異常...

今日から富士通のカスタマーセンターがやってるのでさっそく問い合せてみました。

で、リコール製品には該当してないので有償での出張修理ってことになったのですが・・・

このエアコン、例のクソ売り主が置いてってくださりやがったもので製造後10年以上が経過をしている、そのため部品がもうメーカーの方にないため修理対応ができるかどうかは見てみないとわからないという。

ただ、修理できないとなっても出張修理費で5~6000円くらいかかってしまう。

カスタマセンターの方は

「おカネがかかっても修理できない可能性もありますよ。本当に出張修理で良いですか?良いですか?」

とまるでダチョウの前フリの如く確認を取ってくる。

押すなよ!押すなよ!絶対に押すなよ‼︎ | アスファズルの庵のブログ

となると、この型番でこの年数のエアコンは修理できる見込み薄いのかなぁ。。。

多分、今回もし無事修理できたとしてもまた近いうちにどこか故障しそうだしなぁ。

ここは修理じゃなくて買い替えで行くか?

で、さっき近所の電気屋をチラっと除いたり、ネットで色々調べてるんだけど・・・

調べれば調べるほど・・・

どれにしたら良いかわかんね!!!

寝室と仕事部屋のエアコンがパナソニックなのでここはお揃いでパナソニックにしとく?

特別、トラブルも無いし、確か安かったし・・・

でも、LDKのエアコンは寝室などのエアコンと違い、使ってる時間が長いので電気代なども気をつけた方が良いというし。

しかも、ウチのようにキッチンもそのまま続いてるような場合はエアコンが油を吸ってしまい汚れがエアコン内で付着している場合もあるので自動洗浄機能があった方が良いという・・・

しかも、安い機種だと5年保証だけど、お高めの機種だと10年保証。。。

10年。。。

10年。。。ワタシ、ここにいるのだろうか?

埼玉4区に骨を埋める・・・という気になれないもんだからこういう家電選びの時も迷う要素が一つ増えちゃうんだよね。

ご存知かと思いますが、エアコンというのは移動させにくいので引っ越しの際には置いていくことがほとんど。

なので、もし高機能で低電力消費のすんばらしいエアコン買ったとしてですよ、来年あたりに氷川台に希望の物件が見つかっちゃったらはいそれまでよ・・・なのよ。

大好きな氷川台の大好きな光景、桜の季節の正久保橋からの石神井川沿い↓。

白物家電にはそれほどこだわりって無いんだけど、先月、テレビをテキトーに選んじゃってちょっと失敗した感あるからなぁ。

東芝 レグザ 50インチが届いたけれど・・・
昨日、待ちに待った(ってほどでもないけど)50インチの東芝レグザが届きました。 そう、10月にそれまで使ってたこの↓日立の今は無きプラ...

エアコン、パナか三菱、日立、ダイキンあたりか・・・

富士通でも良いんだけど、今使ってるのが今イチだからなぁ。

あ、でもカスタマーセンターの方はとても親身に対応してくださいましたよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク