注射の上手い下手って・・・

昨日書いたこちらのブログ↓

ワクチン打つ時、下手だと痛いってホント?
ワクチン接種一回目と二回目の副反応は似てるようで異なる部分もありました。 一回目の時は注射した左腕が接種後数時間してからすごく痛くなり...

医師の注射の上手い下手、について看護師のもりこさんからメッセージをいただきました。

とてもわかりやすいご説明なのでうかつに改ざんしちゃわないように、まるっと掲載させていただきます(すいません、もりこさん!)


注射が痛いかどうかは、ほぼ運とその人の痛みの感じ方による、ということがあります。これは医師看護師は知っていますが、一般的には知られていないと思います。

・皮膚には痛点がありその分布具合は場所によって違う(痛点をはずれると痛くない)
・痛みの感じ方は人それぞれである(痛みに対する耐性)
・注射の種類(静脈、筋肉、皮内、皮下)や薬液の種類で痛みは違

なので、注射が上手い下手というのとちょっと違うんです。痛点は目に見えません。痛点の密度は二の腕>おしりなので、筋肉注射はおしりの方が痛みを感じにくいです。
医師看護師は患者さんに痛くしようと思って注射をしていないことはわかってくださいね。


注射が痛いかそうでないかって

の要素が大きいのか。

痛点に注射がストライク!しちゃうと私の一回目のワクチン接種のように痛いわけか。

二回目が全然痛くなかったのは痛点を外れたから。。。

考えたら、結構な年齢の医師が3週間で注射のスキルが上がったりするわけないしな。

加えてワタシ、痛みにとっても弱いしな。

ちょっと注目は

筋肉注射はおしりの方が痛みを感じにくいです。

ほう・・・

ってことはもし3回目のワクチン接種が必須になったら今度は

ケツに打ってもらう?

でも、そうなったら

ケツを出しやすい服装でご来院ください。

ってことになるよね。

まぁ、そんなしょうもないこと考えてるより(病院側も迷惑だろうし)、3回目が来たらその時は運に任せて大人しく左腕を差し出すとしよう。

そんなことより、看護師さんてすごい尊い仕事なのに、医師との格差がデカ過ぎません?

看護師って

★頭脳

★体力

★ホスピタリティ

がいずれも高いレベルで要求されるじゃないですか、それに比べたら医者は

頭脳

だけですよね?

ま、体力はある程度いるのか?

でも、近所に90近いヨボヨボの医者いるしな。

ホスピタリティにいたってはゼロ以下でも全然オッケーだし。

コロナ禍で看護師さんの有難みを痛感したところで今後はもっと看護師さんの待遇良くなって、お金の面だけでなく、本人の希望・成績次第では学費免除で医大行って医師へキャリアチェンジ・・・

とか、将来が拡がる展開になれば良いと思う、本気で。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク