Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

志木のケーキ屋 ココアココ(Cocoa・Coco)は昭和レトロの香り

スイーツが無いと仕事がはかどらない・・・という面倒な体質のワタシ。

練馬区民だった頃は江古田のアンデルセンという美味しくてスイーツの種類も多く、そしてリーズナブル、という誠にありがたい救世主のようなケーキ屋さんがあったのですが、ここ埼玉4区ではなかなかそれに代わるスイーツの店が見つからず模索しております。

ロア・レギュームより安くて手頃なケーキ屋

ロア・レギューム、というのが志木のケーキ屋さんの中では有名のよう。

私もよく行きますが、ここってそんなに安いわけではないんですよね。

メインのケーキは400円台後半

なので1000円払っても2個くらいしか買えない。まぁ、フツーはケーキ、2個も食えば十分だろ、って話ですが。

江古田のアンデルセンは300円台が主流で100円台のスイーツも多く、1000円払えば軽くこんだけ買えたのですが・・・

嘆いてても始まらないので、何とか江古田のアンデルセンに代わるスイーツの名店を発掘せねば・・・

シンフラに行く途中で・・・

で、ググっていたら「シンフラ」というお店を発見。

評判も良いようだし、ゴールデンウィーク中も営業してるらしいので昨日行ってみようかと・・・

埼玉県志木市のこだわりのスイーツをお作りしているShinfula(シンフラ)です。ギフト向け詰め合わせもご用意しておりますのでお気軽にご覧ください。

しかし・・行く途中その手前でこちらのケーキ屋さんを発見!

令和も今日で3日目、というのに未だ昭和の香りが漂う昔ながらの町のケーキ屋さん♪

ただ、店内が暗く営業してるのかしてないのか・・・

両隣の店のシャッターは閉まってるし・・・

謎のケーキ屋、ココアココ(Cocoa・Coco)

正面から確認。

ショーウィンドウ内にケーキが陳列されてるので営業してるっぽい。

ただ、客の姿も店員さんの姿も見当たらず。

ちょっと、のぞいてみるとケーキはほとんど300円台

シンフラは意識高い系でお値段も高い系のケーキ屋さんらしいので、質より量のワタシとしてはこちらでいっかぁ~。

ってことでケーキを2個購入。

定番のショートケーキとチョコレートのケーキ。

2つ合わせて750円、レシートが合算されてるので各々の値段は不明。

味は昔ながらのショートケーキ、特に甘さを控えるでもなく、スポンジが特にフワフワなわけでもなく(ってか、じゃっかんパサつきあり)。

不味いわけではないです、フツーに美味しいといえば美味しいけど・・・

気になったのはこの細さ・・・

ケーキの三角形の鋭角のクセが強い

このいちごはかなり小ぶりです、小ぶりないちごと同じ幅。

なんっつうか、カンタンに言うなら二等辺三角形の頂角の部分がきわめて鋭角

まぁ、細見で小さいっつうことになりますが・・・

よく、こんな柔らかいケーキの先端を細く切れるな、とヘンに感心してしまった。

細みで小ぶりなのであっという間にこちらも完食。

どちらも特に目新しいとこはなく、かといって不味いわけでもなく。

うーん、何と言ってよいやら。

コメントのしようがないフツーのケーキ

ココアココ(Cocoa・Coco)、生き残りの秘訣は何?

地元では老舗のようですが(店構えが古そうだし、昭和から続いてるっぽい感じ)、駅から離れてるし商業エリアでもない道路沿いだし、何で生き残れてるのかちょっと謎ですが。

奇をてらわない昔ながらの良さがあるのかなぁ~。

決して不味くは無いのでケーキが食べたいけど近くにケーキ屋さんが無いってときには多分ここに行くんだろうなぁ。

ホメてるのかけなしてるのかわかんない書き方ですが。

お店の女性も感じ良かったし、値段も手ごろだし、まぁ、中の中の中みたいな感じ。

でもさぁ、こう考えると江古田のアンデルセンってレベル高かったな~、ホント。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク