Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

コロナによる近所トラブル、やっぱり発生?

ついに、つうかやっぱりつうかコロナによる近所トラブル発生しちゃってますね。

都内ではこの2件が大きく扱われたようですが。

特に5月4日の足立区入谷のアパートで起きた殺人事件が大きく扱われているようで。

これねぇ・・・話を聞けば聞くほど加害者側にも同情の余地があるような気がしないでもない。。。

かいつまんで概要を話すと足立区のこちらのアパートで60歳の男性:蛭田静治が隣室の両親を訪ねてきていた小林勝之さん(38)を刃物で殺害し、その父親をハンマーで殴ってケガを負わせたというもの。

この日、被害者の小林さんは妻と幼い女児を連れて両親宅を訪問。

というか、報道によると小林さん一家はよく子供を連れてこのアパートに遊びに来ていたそうでその都度、犯人はうるさいと思っていたらしい。

あぁぁ~、これはあれだね、尼崎の騒音殺人事件を思い出してしまった。

3歳の子供はどうなったのだろう・・・尼崎の騒音殺人事件を思い出してしまった
お盆真っ盛りのせいか、仕事や街中も静かですね。 街中、といっても埼玉4区内を参照してますが。 上階はやはりお孫さんがみえてるよう...

どちらも共通してるのはその時一瞬がうるさいと思ったわけではなくある程度長期間そのストレスを抱えていた点、特に尼崎の事件は数年に渡る騒音トラブルの末の話。

どちらも犯人は60代の独居男性、偶然にもどちらも無職。

で、特に前科者というわけでもなく近所の人の話では普通に挨拶もするし特に日ごろから問題があったわけでもない、という点も共通。

どちらも引き金となったのは子供の騒音。

でも、それを管理する親側の方にも問題が無いともいえないという点も共通。

被害に遭われた方を悪く言うわけではないけど、尼崎の方はもう何年もその状態が続いていたのだからもう少し気を遣っても良かったのでは?と思うし足立区のほうはネットなどでも言われてますが、

何でこの自粛が叫ばれてる時期にいつも通りに両親宅へ?

しかも、

・狭いアパート

・高齢の両親

の元へ幼い子供を連れて・・・

ニューズで見る限りこの現場となったアパートは防音が効いてるようにはとても見えず、たぶんダダ漏れだったのではないかと思う。

子供の絶叫する声って本人(とその親)にとっては楽しいのかもしれないけどあかのすっ他人にとってははた迷惑な奇声以外の何物でもないからなぁ・・・

と私も現在、マンション内のエントランス部分で奇声をあげながらこういうボードを乗り回すクソガキどもに悩まされております。

J BOARD AirSurf RT-192 ライトブルー

うるさいだけでなく、マンションの出入りの際に不便でしょうがない。
しかもガキがクソなら親も相当なアフォでこのクソガキが我が物顔でマンション敷地内をボードで爆走し杖をついた高齢者にぶつかりそうになっても注意もしない。

あたかもうちのコの練習の邪魔!とでもいわんばかりの不遜な態度。

このバカ親にしてこのクソガキありだよ、ほんっと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク