コロナ禍とフリーランス、2020年を振り返る

大晦日に都内のコロナ陽性者数が1000人突破で過去最多を更新ってスゲータイミングだな。。。

 東京都できょう確認された新型コロナウイルスの新たな感染者は1337人だった。一日あたりの人数としては、26日の949人を大幅に上回り過去最多となった。

もし明日の元日さらに過去最多を更新したら・・・

年末年始、目出たいんだか目出たくないんだか。

ま、そんなこんなでコロナに奔走された1年でしたよね。

ティップネスがここへ来て4店舗を閉鎖する、というのを聞きやはりあの業種は影響受けるよねぇ~、オンラインレッスンを充実させるといっても、オンラインでやるなら別にユーチューブでラジオ体操で良いと思っちゃうもん。

ワタシが応援していたインストラクターさんもこれによりだいぶお仕事が減ったそうです。

彼女は雑誌やテレビにも出て人気のインストラクターさんで数年前に氷川台のティップネスでもレッスンされていた。

彼女のブログの中で、

自分はフリーランスなのでどうにでも出来る

と書いてあった。

そう、フリーランスってこういう時、底力が試されるよね。

このインストラクターさんのような売れっ子であれば色んなとこから声もかかって廃業の心配はないだろうけど。

私はコロナの影響、というよりメインの取り引き先と契約内容で合意が得られず夏ごろには契約解消!と思われたけど、私の持っているスキルで向こうがどうしても必要とするものがあったため何だかうまく丸め込まれてそのまま契約続行になってしまった。

丸め込まれた際にいただいたスイーツ↓

本来は仕事を請け負う私がこういったものを送るモンだろうけど、そこは色々あってね。

契約解消で収入激減になっても良いと思ってたけど、コロナの収束が見えない現状では収入激減は避けておいて良かったと思う。

コロナの影響は全く無いわけではないけどメインの部分が大丈夫だったおかげで大きい影響は無く、持続化給付金を考えることもなく。

ただ、将来的に予定していた仕事はキャンセルになってるので来年(もう数時間後だけど)の後半からはちょっと不安もある。

まぁ、チャンスとピンチって表裏一体でもあるのでね、ピンチを上手く好転させていければと思う。

社会的にはコロナってダメージも大きかったし、この先どうなるかまだわかんないけど、フリーランスという融通の利くポジション(良く言えばだけど)を利用してうまく生き残りを模索していきたいと思います。

カレンダーって買ったことないけど、2021年は一日一日を大切にしたいと思いこちらの日めくりカレンダーを購入。

猫めくり

ホントは犬版の方が良かったんだけど売り切れてたんだよね。

ちなみに1月1日の猫はこちら

顏と前足だけに面妖な文様。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク