中古物件買うなら、くれぐれも売り主には気をつけろって話からFrancfranc話

今っさら言うまでもないことですが、私はこの物件の売り主さんのことがキライです。

か~な~り、キライです。

ってか、どこの世界に契約4時間前に「契約は無し!どうしても買いたければ70万円よけいに出せ!」

と言ってきたり、契約を決め、売り主の希望の最短契約日を設定し、「必ず買いますので内見は止めて欲しい」とお願いしたにも関わらず内見を続行し、私が2度めの内見をお願いした日は約束破って在宅しそのせいで思うように検分できず、契約の日には指定されてる身分証明書2種類を一つしか用意せず(これって違反でしょ?)、医者だかなんだか知らねーがずいぶんな目に遭わされたましたよ、わたしゃ。

明け渡しの日に約束の時間で引っ越し作業が終わっておらずクソ寒の中を1時間半も待たされたり、鍵の受け渡しの日にゃぁ、売り主のバァさん奥様ってば肝心な物件の権利書をお忘れになりやがってここでもまた2時間以上待たされた・・・

ほんっと、契約したあの雨の日曜日から無事鍵をゲットした11月末のあの水曜日までほんっと不安とイライラでいっぱいだった、ともすれば悪い方に悪い方に思考が行ってしまいちょっとしたことにピリピリしていた。
多分、来週、証人喚問に呼ばれる佐川元理財局長の現在の心境もこんな感じじゃないかと思う。

とはいえ、このマンションは好き!なので切ない・・・

しかも、このマンションの価格は新築時とほとんど変わらないのだから・・・

あ”---、数年前に私がここを買っていれば!!と思ったりもするけど、まぁ、それ言ったら一層イライラが募るので今は一刻も早く前の持ち主の痕跡を一掃するよう努めるのみ!

ってことで連日のFrancfranc(フランフラン)通い。

今日はガッツリ採寸した窓に合わせてカーテンの価格を出してもらう。

10,800円が2枚で21,600円・・・

腰窓サイズのカーテンにしては高めだけど、どうしても寝室のカーテンはこのアネモニにして、暗闇の中に浮かぶピンクの派手な花模様を眺めたかったんだもん。
来週の月曜には出来上がるそうなので楽しみ♪
ヽ(^◇^*)/ ワーイ

いくつかFrancfranc(フランフラン)で揃えたい家具があるのですが、サイズや色味をよーく確認しようってことで今日は下見だけ。

あと、Francfranc(フランフラン)で可愛い箸置きを見つけちゃった♪

今まで箸置き買っても使わなくなっちゃう、っていうかお箸さえ使わずもらった割り箸ばっかだったのでキチンとお箸と箸置きを使って食事をしませうって私、どんだけ民度が低いんだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク