フランフランのカーテン、付け替え終了!

仕事部屋のカーテン、結局フランフラン

ずっと前から気になって仕事部屋という名の物置部屋になっている角部屋のカーテン。

売り主が置いて行ったものをそのまま使用していたため、この爺ムサいう〇こ色のカーテンがイヤでイヤで。。。

あと、このカーテン見るたびに購入時のゴタゴタを思い出しとても不快でした。

ただ、中々気に入ったカーテンが見つからず・・・

カーテンでなくロールスクリーンという選択肢

本当はカーテンではなく、こういうロールスクリーンにしてみたかったんだけどカーテンレール外して設置するのかどうかわからず、業者に頼んでまた工事費がかかるのかどうかもわからず・・・

で、無難にリビングで使っているのと同じフランフランのカーテン リボナにしておきました。

しかも、先月からフランフランはセールをやっていて本来は一枚9000円ちょっとで2枚で約2万円のこのカーテンが一枚6000円ちょっとで買えました。らっきぃ♪

カーテンを買う、は不要不急か

コロナが急拡大真っただ中なので今回はネットで購入。

ホントはねぇ~、新宿のこちら↓に行きたかったんですけどねぇ・・・

フランフランにカーテンを買いに行く!ってやっぱ不要不急だよね、ってことで。

実はこのカーテンのサイズは100 x 135、いわゆる腰高窓と言われる窓用。

で、厳密に言うとカーテンのサイズはもっと短い方が良かったのですがそうするとオーダーになってしまい、セール価格ではない。

セール価格で既成サイズを買うか、オーダーするか

実は寝室の出窓をこれまたフランフランでサイズをオーダーしたのですが、しっかり測って伝えてもドンピシャではなくちょっと短めだった。

このカーテン、下の方ちょっと短くないっすか?

その時の話はコチラ↓

寝室の出窓のカーテンをFrancfranc(フランフラン)に替えてみた
このブログでもつどつど書いていますが、このマンション、購入時に色々あって私は早く前の持ち主の痕跡を一掃したいと思いつつインテリアとかあまり詳...

今回は出窓ではないので長い分には良いだろうと思い既成サイズをセール価格で購入。

このカーテン、写真ではわかりませんがツルツルして手触りが気持ち良い。

フランフランのカーテンは最初からフックがついているのは便利ですが、これがプラスチックなので少し安っぽくて・・・

まぁ、カーテンのフックなんてほとんど見えないからどうでも良いんだけど。

片側だけ付け替えた状態↓

う~ん、う〇こ色のカーテンは採寸してオーダーしたらしくサイズがドンピシャなんだよねぇ。多分、ニトリだと思うけど。

片側も付け替えるべ・・・と作業続行。

フランフランのカーテンはやっぱりオシャレ

で、付け替え終了↓

あら、良いじゃないですか!

カーテンを明るい色にすると部屋全体が明るくなりますね。

実はこの部屋、物置状態で写真に写ってない部分は滅亡後の地球のようなカオス状態なんだけど、なんか片づけよう!って気になりました。

カーテンは全部屋同じ?部屋ごとに変える?

実はカーテンに関しては全部屋同じカーテンにしようかと最初思ったのですが、当初2LDKが欲しかった理由が;

寝るだけの寝室

仕事に集中するための仕事部屋

リラックスするためのLDK

と部屋によって目的を持たせメリハリのある生活をするためだったのです。

1Kの賃貸時代は寝るのも仕事もテレビ観てダラダラするのも全部同じ空間だったのでアタマの切り替えがうまく行かず。

それぞれの部屋に目的を持たせるってことで、それぞれの部屋に合ったカーテンにしようと思いあえてカーテンは統一せず。

何で寝るためだけの寝室にこんな派手なカーテンなんだ?って気もしますが。
このカーテン、夜中に真っ暗くしてると赤い花がボワっと浮かぶみたいで幻想的なんですよ。

夜中にトイレに起きるのが楽しくなる、これで夜間頻尿も怖くない!

やっぱりインテリア選びは楽しいな

でも、仕事部屋のほうは結局、リビングと同じカーテンにしちゃったわけですが、これはこれでリビングから見ると統一性があって良いかな、と。

あと、このう〇こ色のカーテンを捨てなければ。

前の持ち主の痕跡がなくなって自分好みの住まいになるのは楽しいですね。

コロナによる巣ごもりライフはもうしばらく続きそうだし・・・

せっせと住まいを快適にするっす。

これで、ここが練馬区だったら最高なのになぁ。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク