フリーランスは野心家に、林真理子にならないと

週末に都内で友人と会って喋ったり食べたりで気分転換にはなるものの、このトシになるとやっぱそれぞれ老後が気になるんですよ。

老後といえば年金っすよ、ネ・ン・キ・ン

ちょっと前までは60代でリタイアするつもりなんてサラサラ無く、できれば80歳くらいまで働きたい!なんて思ってたから年金をアテにするつもりもなかったのですが・・・

友人と話していて、65歳からまとまった年金が期待できる正社員の友人の話などを聞くとやっぱり羨ましくなっちゃうんだよねぇ。

我ながら、今さらナニ言ってんだ!ですけどね。(^-^;

ワタシの友人はほとんど、っつうか全員おひとりさまなのでビンボーかリッチか、配偶者の影響を受けることなく本人次第。

結婚した友人が裕福であるのは

「あぁ~、ウマくやりゃあがった」

くらいで羨ましくもナントも無いのですが、独身で自力でリッチな老後を送れる友人には心から尊敬と羨望を送っちゃう。

もちろん、実家が裕福かそうでないかは多少の影響あるかもしれないけど、もう50歳も過ぎりゃやっぱ自己責任だよね。

既に住宅ローンの支払いも終え、勤務先は65歳定年で、そこから年金もらっても十分な額をもらえるため貯金を食いつぶす恐れが一切無い友人の話を聞いて改めて自分の足元のぐらつきを認識しちゃったよ。
おかげで久々に眠れなかったよ、パトラッシュ。

もちろん、その友人だって何度も転職している、今の会社にたどり着くまでいくつもの会社を渡り歩いた時期もあるし、上司と合わずに体調を崩していた時期もある。

しかしねぇ、それらを乗り越えれば悠々自適な老後が待ってるわけですよ。

その友人は住み替えで2回マンションを購入しているけど、そのへんの住宅ローンだって正社員というステイタス(?)あってのことだろうし。

つっても、もうこのトシから正社員で仕事探そうなんて思わないし、もうこのままこの道を突っ走るしかないんだけど。

フリーランスでやって行こうと思ったら、この人↓くらい野心家にならないとダメだと思う。

林真理子さんが『小説8050』を書いた今、ひきこもる人に伝えたいこと | 「引きこもり」するオトナたち | ダイヤモンド・オンライン

そう、日大新理事長:林真理子氏ですよ。

日大理事長かぁ。。。そんなもんになりたいとは全く思わないけど、こんな時代↓もあったのにスッゲー大躍進だよね。

林真理子を語ろう | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

そういえば、この人、昔から野心メラメラだったし、周囲にももっと野心を持て!と言ってたな。

若い頃のこの人の野心全開モードについては、ちょっと品が無いっつうか、引いちゃうようなとこもあったけど、結局そのまま突っ走って欲しいものは全部手に入れたわけだよな。

それに引き換え、ワタシの野心、

氷川台にそこそこのマンション(できれば新築)を買って、老後はゼニの心配なくスタバで思う存分読書がしたい

なんて、マリコ新理事長からしたら屁のようなもんだろうな。

何しろ林真理子新理事長は若くして南青山にマンションを買い、その後はカナダのバンクーバーや軽井沢にも別荘を買い、現在は代々木上原に80坪の豪邸。

林真理子新理事長、豪邸外観写真(Google Street Viewより)。

林真理子の小説は読んだことないし、エッセーはたま~にKindleで無料のヤツを読むくらい。

しかし、この人ほど女性の成功と美貌に全く相関関係が無い、ということをわかりやすく体現してくれた女性がいただろうか?

今後は林真理子新理事長を師と仰ぎ、この方の野心を見習いたいと思います。

さっそく明日美容院に行って同じ髪型にしてきます!(嘘です)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク