不信の時・・・氷川台中古マンションウォーズ

昨日見つけた良さげな物件。

今朝、電話で返事がきました、
「申し訳ございません、すでに売約済みでございます」

ですと・・・

まぁ、この会社は最大手と言ってもいいくらい大手なのでまさか「おとり」で載せてたってことはないだろうけど・・・
私の第一希望の有楽町線沿いではないので全然マークしていなかったのですが、しばらく掲載されていて最近少し値段を下げた、で、売れた・・・とのこと。

うーん、もっと早く気づいていればな。。。
とりあえず連絡をくれた不動産会社の方にお礼と自分の希望条件を話し、よろしくお願いします、と伝える。

買い物の途中、通りがかりの不動産屋さんの店先に出ている物件を眺めていると、
「アレ、これってさっき、もう売れちゃった、って言われたヤツが出てない?」
まさか、まだ売れてないのに私、何かの理由で拒否られた??と一瞬被害妄想モード。

店に入って聞いてみると電話して問い合わせてくれました。
そしたらやっぱり本当に売れてました・・・だよね。。。
自分が拒否られたわけじゃなくて少しホッ。。。

そうだよね、まだネットで問い合わせた段階で拒否られるって・・・

その不動産屋さんで「物件をお探しですか?」と言われ、若い方だったのであんまり頼りになんないだろうなと思いつつ一応希望を言ってみる、思ったとおり全く頼りにならないんで「お邪魔しましたぁ~」と言って店を出ようとしたらちょうど責任者らしき中年男性が入ってきて、
「どうぞ、どうぞ、ごゆっくり」ということで担当者交代で最初から話す・・・

一応、希望条件で色々検索をしてくれたのですが、そもそも市場に新しいのがあまり出てないようでどれもネットで見たことのある物件がほとんど。

今までの経緯や内見した物件などを話すと
「じゃぁ、氷川台の物件は値段交渉はしてないんですね?」
と言うので
「うーん、申込書を書かないと値段の事は聞けない、と言われているので・・・」と答えると、
「そんなの、聞くだけ聞いてみるのは申込書なんか入れなくてもちょっと電話で聞けば済むことなのに変ですね」と言われ。
そーでしょ、そーでしょ、そーだよね!!!
私もまったくそう思うんですよ!!!
D不動産のS氏は私が希望している事は取扱い会社に伝えてあるって言うんだけど、だったらそのついでに
「ところで、どないでしょ??お値段のほうはもう少し下がりまへんか??」的にカジュアルに聞いてくれてもイイじゃんと思っているんだけど・・・

ってことを話すと向こうも
「そうですよ、良いと思いますよ、私が今から聞いてみましょうか?」と言ってその場ですぐに取扱い不動産会社に電話してくれたのですよ。
担当者が外出中だったため折り返しをもらいまた連絡をくれる、という事で帰ってきましたが。

やっぱり申込書なんか書かなくたって価格のプチ交渉アリじゃん!!

あのオヤジ、一体、何ウソを教えてくれてんだよ!!
それとも彼の会社の規定ではそういう、売り主ファーストとでも言いたくなるようなルールになっているのか?
確かにこの会社、なーーんか売り主ファーストな感じはなにかにつけてあるけど。

ずーーーっとモヤモヤしてたことが電話一本で解決しちゃったじゃん。
このオッサン、意外と頼りになるかも・・・

リフォーム代が100万、と言われている事を話すと
(このリフォーム代の件についてはこの記事に詳細を書いてます:再度内見 with リフォーム会社 )
苦笑しながら
「それも結構、上乗せされてると思いますよ、もっと安く済むんじゃないかな・・・」

ウッソー!!
*☆*――――――――――――――― うそ ――――――――――――――――*☆*

やだ、もう人間不信になりそうだよ、私。

とりあえず、今、連絡待ちです。
どうなるんだろ。。。

で、やっぱS氏は無いな。。。今の物件の話も無しにしよう。。。

氷川台の夕暮れです、2016年桜の時期

氷川台、石神井川沿い 夕暮れ

氷川台、石神井川沿い 夕暮れ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク