Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

歯医者で突然の出費、今はまだ良いけど老後は・・・

いやぁ、今週末は歯が痛くてまいった・・・

朝は別に異常なかったんですよ、

で、神楽坂を街ブラしながらこんなソフトクリームを食べたり・・・

ちなみにこのソフトクリーム、この日はこの飯田橋の溜まり屋さん、100円でした。

100円ってのが信じられないくらい美味!!!

住みたい街を聞かれたら氷川台以外だったら神楽坂がいいなぁ、などと夢想しながら街ブラしていたのですが・・・

昼過ぎくらいからどうも右の奥の歯茎が痛い・・・

私はこのブログでも以前書きましたが、若い頃にあまりちゃんと歯の治療をしなかったのが祟って歯の状態が大変悪くなってしまった。

で、友人でここ数年、

「年取って収入が少なくなる前に歯の治療はちゃんとやっておいた方が良い」、

と言って大枚を投じて歯の自費治療するケースが増えていたため、つい自分も経済状況を顧みずに自費治療で大枚を投じてしまったのです。

で、今回痛むところはその一部で自費で30万円くらいかけてブリッジにした右の奥歯の歯茎。

段々、痛みがひどくなって帰りの地下鉄で窓ガラスに映った自分の顔を見たら右のほっぺただけ腫れてる・・・

「こぶとりじいさん」、ならぬ「こぶとりばあさん」(小太りぢゃないよ)

もう、歯医者の営業時間っつうか診療時間は終わってるし、日曜は休みだし・・・

ってことで激しくなる痛みと戦いながら家に帰ってロキソニンを飲んで寝てました。

一晩、寝れば良くなるかと思ったら日曜の朝、さらに痛みは増してこぶは一回りデカくなっている。

月曜は午後2時納期の仕事があったのでそれが片付くの待って、かかりつけの上板橋の歯医者に電話したら本日はいっぱいで夕方5時半しか空いてない、とのこと。

すぐ診てもらいたかったのにぃい・・・自費治療のとこなのにぃいいい・・・

と思いつつ5時半より10分くらい前に上板橋の行きつけの歯医者へ。

歯医者、別に混んではいなかったんだよね、待合室は誰もいなくて診察中が一人。

電話した時は「本日はいっぱい」って言ってたじゃん。

まぁ、診察台で看護士さんに痛くなった経緯を説明し歯医者さんを待つ。

私の歯を診た歯科医師は

「多分、歯茎に細菌が入って悪さをしてるタイプのやつだと思います、ただ、kokoさんの場合、一番奥の根っこが腫れているのでちょっと詳しく見てみないと・・・」

「レントゲンではわかりづらいのでCTスキャンを撮ります、3000円ほどかかりますけど良いですか?」

歯は腫れて痛いし、根っこに異常があった場合は3年前に入れた30万円がパァーってことかよ・・・

もう、CTでも何でも撮っておくんなさい!ってことで診断の結果は・・・

とりあえず歯茎に細菌が入って悪さをしてる感じ、今は腫れがひどくて迂闊にブリッジを外して中を確認できないのでとりあえず抗生物質で菌をやっつけましょ、ってことで三日間分の抗生物質(左)と痛み止め(右)を処方される。

治療費は4660円
これに薬代が入って約6000円
プラスこの埼玉4区から上板橋の往復の電車代が約500円

しめて、6500円の臨時出費。

今は歯の痛みの方がデカくてこの出費がそれほどデカいとも思わなくて済むけど、そのうち6500円の臨時出費がとても痛く感じる老後になるんだろうなぁ~・・・

ってことで新しく

「老後の不安」

「老後の不安」の記事一覧です。

と言うカテゴリを作ってみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク