日比谷公園ガーデニングショー 2018、10/20より開催 コンテスト作品は見応えアリ!

秋は季節がら、色んなお祭りやイベントが多くて写真が趣味の私にとっては楽しみ、ウキッ!

写真を始めてから楽しみにしてるイベントがこの日比谷公園ガーデニングショー

日比谷公園ガーデニングショー 2018

今年(2018年)は下記の日程で開催です。

2018年10月20日(土)~10月28日(日) 10時~16時
*最終日(28日)は15時で終了

場所はもちろん日比谷公園

もう、美しくゴージャスな花々が秋の澄んだ青空と空気の下で一層、美しく撮れるのでカメラ初心者でも結構良い画像が撮れたりします。

カメラ初心者必見のイベント!とも言えます。

入場無料でキレイなお花やガーデニング、飾り付け、花を使った玄関リースなどの展示やコンテストが見られるのでデートで行くのも良いですね。
と、ガラにもないことを言ってみました。

大都会をバックに自然の草花が楽しめるイベント

大都会のビル群と緑の共存風景、というのは私が一番好きな景色。

多分、東京生活(埼玉4区在住だけど)の一番好きな点かもしれない。

ちなみにこのブログで掲載している写真は前々回の日比谷公園ガーデニングショー 2016で撮影したものです。

実は去年は行けなかった・・・

そう、去年の日比谷公園ガーデニングショーの頃はマンションの契約やら住宅ローンやらで、もう気持ちの余裕が全然無いときで私にしては珍しく食欲すらも無い時だった。

なのでココ壱のカレーばっか食べてました。

今年はゆっくり日比谷公園ガーデニングショー、楽しんで写真をいっぱい撮れそうです!

2016年の時は確か、週末がお天気に恵まれなくて・・・

平日にも行った記憶があります。

秋らしくこういったオブジェもあって、こういう写真をいっぱい撮っておくとあとで色々な素材に使えるので便利。

花より団子!と言う場合は・・・

期間中、色んな野外販売の車が来るのでそのあたりも楽しみの一つ。

ケバブみたいなエスニックなのもあれば私はここで初めてマラサダドーナツ、というものを食べました。

マラサダドーナツ、穴の無いただの揚げパンじゃん・・・と言う感想でしたが、青空の下、お花を愛でながらベンチでいただくので、ただの揚げパンでも3割増しくらいに美味しく感じちゃいます!

日比谷公園ガーデニングショーの混雑具合は?

このイベントはそんな派手なイベントではないのですが、ガーデニング好きの間では結構有名らしく土日はそれなりに混み合います。

早い時間帯に行けば、ゆっくり写真なども撮ってられるのですが、お昼過ぎからはね~。。。

混み合ってくるとゆっくり写真撮るのって気が引けますね(^_^;)

ただ、鑑賞する分には問題ないと思いますが。

私はゆっくり写真を撮りたいのもあって平日にも行きます。

日比谷公園ガーデニングショー、メインはコンテスト

この日比谷ガーデニングショー、メインはガーデニングのコンテストです。

このように出展者の作品とテーマを記した作品名が展示されています。

コンテスト入賞の基準は何なのか、よくわかりませんが、私のようなガーデニングド素人から見るとどれも良くって点数とか優劣とか点けらんないんだけど。

こういうのって好みもあるだろうしね。

とにかく見ているだけでも目の保養です。

2016年に見に行ったときは、マンション探しを始めたばかりの頃で、漠然と分譲を買ったら家の中の花をこんな風に飾ってみたいとかベランダが広かったら色々してみたい。。。と夢が膨らんでいました。

残念ながらベランダに関しては以前の賃貸の方が良かったのですが、今は広さも部屋数も増えたので色々お花を飾ったりしてみたいと思います。

が、埼玉4区のうちの近所、あまり良いお花屋さんが無い!!!

旧居の上板橋と東武練馬の中間地点の近所には安くて新鮮なお花を売ってくれるお花屋さんや園芸屋さんがいっぱいあったのにぃ~・・・(ノω・、) ウゥ・・・

特に北町商店街のツルハドラッグの隣のお魚やさんの隣のお花屋さんは安くてきれいなお花がいっぱい!

こんなキレイなトルコキキョウが200円だった!!

今は飾るスペースはいっぱいあるのに・・・中々、うまく行かないものですね。

日比谷公園ガーデニングショー、公式サイト

これを機にカメラ、買い換えようかな~

これが欲しい!!!↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク