Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

首都圏物件価格高が相変わらず続く、2018年の夏

寝苦しい夜が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

思い起こせば去年の今頃は暑さと住宅ローンの不安も重なりなかなか寝付けない夜が多かった。

と言っても、まだ、買う物件も決まってなかったんですけどね。
なにしろ、物件数が少ない、アットホームなどで検索すればそこそこ数は出てくるんですけど、同じ物件が違う不動産会社から出てるだけで実質、ほんの数件。

いずれもずっと前から掲載されてる、いわゆる売れ残り物件。

ちなみにこの状況は今も変わってないようです、というよりやはり今の方が市場に出ている中古物件は少ない気がします。

やはり、あれの影響っすね、2020年のあれっすね。
あれだよ、あれあれ。

うーーーん、国民の大半が待ち望んでるイベントにケチつけるわけじゃないけど、やっぱこの時期オリンピックはよそでやって欲しかった。

忘れもしない2013年9月の早朝、IOCの当時のロゲ会長が高らかに「Tokyo!」と発表しやがったあの瞬間・・・

うーん、せめて「Kyoto!」とでも言いまつがえてくれたら良かったのに・・・
外国の人からしたらKyotoの方が絶対楽しいぞ~、今からでも遅くない!京都にしない?

やはり今はマンションの売り時であって買い時ではないように思います。

物件探してた時と同じように新着物件が出たら通知が来るようになっているのですが、2016年の11月頃は新着件数が毎回10件前後あったのに今は1~2件。
それも

・古い(築年数が)、
・高い(価格が)、
・狭い

の3拍子揃った物件ばっか。

今、買うのであれば低金利狙いで全額住宅ローン、みたいな買い方でしょうね。

そうすると属性がある程度大きい会社の正社員ってなっちゃうんだけど。

あ、またザ・ノンフィクションの三宅さん、思い出しちゃった。
この人↓

ザ・ノンフィクション 「輝きたくて 人生を変えたい私」の三宅理恵が痛かった
相変わらずクソ暑いっすね・・・ 私、今週末は夏バテなのか冷たいものを摂りすぎたのか、金曜の夜に激辛パスタを作って食べたら胃痛がし始め昨...

でも、そういう私は、自己資金メインで買ってしまった買い物ベタ。
これについてはまた詳しく書きたいんだけど、冷静に考えれば考えるほど、買い方がヘタだったと思う。それに直面するのが怖いっす。

とはいえ、マンションって自分が買える時に買っておかないと買えないまま老後に突入!と言う可能性も大な買い物です。
色々思うところはあるけど、とりあえず買って良かったと思います。

当初、インテリアの画像を見ながらこんな風↓にLDK、仕事部屋、寝室とシミュレーションして妄想に浸ってましたが、もし、今のマンションに出会わなければ本当に妄想で終るかもしれなかった。

あと、この画像のようなビューティーホーなお部屋は相変わらず妄想のままです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク