城北中央公園、2022年の桜はそろそろ見納め

(*当ブログは画像が多めですがすべて100KB~250KBにリ サイズしています)

やっと春本番!的な晴天に恵まれた今日、氷川台の城北中央公園に桜を見に行ってまいりました。

もう、桜は散ってんじゃないか?と思われたアナタ、城北中央公園の桜はなぜか都心の桜より少し遅め。奥手なコなのよ。

とはいえ、もうだいぶ散ってましたね。

ここの桜もまだキレイだけど、

満開の時はもっとこんな感じだし・・・(2019年)

この大きな桜もキレイではあるけど、

満開の時だとこんな感じだし。。。(2019年)

見上げるとほんと葉っぱがいっぱい出てるんですよね。

ま、この葉っぱ、これはこれでキライじゃないんだけどね。

まぁ、見頃は過ぎたのでしょうが、まだ相変わらず美しい桜。

天気が良いと桜はホントに映えますね。

桜の季節はワタシが今の土地にマンションを買ってしまったことを一番後悔する季節であり、一番旧居に戻りたくなる切ない季節。

若い頃は桜の季節の有難みなんて全然感じなかったんだけど、最近はこの桜の季節がとてもかけがえのないものに思えてしょうがないのです。

年に一回しか咲かないんだもの。

ま、それ言っちゃったら、クリスマスだって正月だって年に一回だし、今日と言う日だって年に一回ってなっちゃうけど。

ずっと練馬区に住んでて春先は桜に囲まれて過ごすのが当然、と思っていたのでその有難みがわからなかった。

この有難みに気づいていれば物件選びの時にもっと違う選択肢をしたかも・・・
でも、それでさらに物件探しは難航したんでしょうね。

それにしても何でウチの近所はこんなに桜が無いのか(魅力も無いけど)・・・

城北中央公園の近くはこのように桜並木(だいぶ散ってますが)。

道路には桜並木、

皆が利用する公園ではスケボー禁止、

おまわりさんは優しく、お店の店員さんは感じ良く、

ってのが当たり前だと思ってたよ。

せっかく、こんな素敵な場所のすぐ近くに住んでいたのにな・・・

何でこんな素晴らしい場所を離れてしまったんだろ・・・

ま、そりゃ、ワタシに経済力が無かったから故ですが。

そんな、自分の不甲斐なさを嚙みしめながら食べる中本の蒙古タンメンはいつもより辛くてウマかった~!

桜が年一回、となるとあと何回桜の季節を楽しめるのだろうか・・・

わたしとしては最低でもあと200~300年は生きたい!のだけど、さすがにそりゃ無理っしょうね。

ま、最初からあきらめちゃいけないんだろうけど。

最近、マジで桜の盆栽を買おうか、などと考えています。

これって手入れとか誰でもカンタンに出来るもん?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク