中古マンション購入 注意点、売り主の加齢臭には気をつけろ!

退去から入居まで一週間しかなかった

このマンションに入居したのが去年の11月27日。

ひと悶着あった売り主に何か報復されてやしねーかと、売り主の退去に立ち合ったのがその一週間前の11月20日。

退去後に一応室内クリーニングを頼んだのですが、これが今イチ・・・

入居してくる前に軽くリフォーム的なことをしようかと思ったのですが、不動産会社の方に「まだ、キレイだからその必要無いでしょう、特に汚れも傷みもないし」と言われ、私もそう思っていたので(そのキレイさに魅かれたわけですし)まぁ、そのまま入居したわけっす。

何度も書いてますが、売り主は医師とその妻という裕福で社会的地位の高い方であり、この物件はそのご夫妻(基本、ご主人)が忙しい時用のセカンドハウスだったため、物件状態はかなり良かったのです、有難いことに。

ただ、価格のことでは契約日当日(約束の4時間前)にいきなり値上げしてきて、
「この価格が出せないなら契約は無し!これに関してアナタの言い分は一切聞きません!」と、とても裕福で社会的地位が高い方の所業とも思われないことをしてくれたわけですが。
まぁ、それは置いといて。

まぁ、そんなこんなで、この物件は気に入っているのですが、売り主の件は早く私の脳のメモリから消去し、ハードディスクからも削除したい案件。

売り主のことは早く忘れたい・・・なのに

売り主とはまったく違ったテイストの家具(ただのFrancfranc-フランフランですが)を置いたり、部屋ごとにテーマを設けたり(1室は完全に物置になってますが)して私なりに削除作業をしていたのですが、どうも削除できないものがある・・・

それがですね、匂いですよ、に・ほ・ひ・・・

ずはり、加齢臭の匂い。。。

最初は自分の加齢臭かなと思い、衝撃を受けました。
私は入浴剤、ボディシャンプーといったお風呂グッズにこだわっているのですが、それでもこんな加齢臭を漂わせるお年頃になってしまったのか・・・と。

アロマスティックじゃ対抗できない

で、Francfrancへ直行し、アロマスティック購入し、

気になるところに置いてみたり・・・

ただ、匂いがどうも自分とは違う・・・異質なものを感じる。

何だろ、この匂い。。。

あ、満員電車でオヤジが近くに来た時に嗅ぐヤツだ!

あれだ、あれだ、ポマードだ!!

いくらなんでも私はポマードは使わない、使っても似合わない。

これは前の持ち主、いわゆる売り主の匂いじゃーん!

それに気づいてからは、なんか無性にこの匂いを払しょくしたくてアロマスティックを3倍に増やしたり・・・

アロマディフューザーでも対抗できない

春になってからは窓を開けっぱにしてられるので、だいぶポマードブレンドの加齢臭はやわらいできたのですが、それでも夜、眠りにつこうとする瞬間、ポマード臭まじりの加齢臭がハナを突くときがあり、今度は無印良品でアロマディフューザーを購入。

寝室に入る1時間前から眠りにつくまではこのようにシューシューやってます。

無印良品の超音波アロマディフューザーがお気に入り♥

無印良品の定番、超音波アロマディフューザーは値段の割に結構使えます、デザインがシンプルで小型なのも使いやすい。

タイマー設定が、
○30分、
○1時間、
○2時間、
○3時間
で、選べるので寝る前にセットして、心地良いアロマの香りを浴びて前の持ち主の加齢臭を必死で防御!

さぁ、今夜も思いっきりシューシュー、アロマミストを吐き出して加齢臭をやっつけるのだー!!

それにしても、オヤジの加齢臭の地肩の強さはスゲーなと思う。

もう、半年以上経っているのにクローゼット開けたときとか匂うんですよね。

オヤジの加齢臭、まれ~に「好き」って人もいるみたいだけど、私はダメだわ。
ここでオジサマの加齢臭好き♥、とか言ってればオヤジ受けも良いのでしょうが、ここは本音で。

オヤジの加齢臭、破壊力、ハンパね。
これさぁ、アロマやハーブと言った生易しいものじゃ対抗できないんじゃないか?

フセインが昔、生物兵器としてオヤジの加齢臭を利用しようとした、と言う話もあながちデマではない気がする。

売り主の医師は当たり前ですが、意識高そうな身だしなみもちゃんとした方だったけど、やっぱ加齢臭は防げないのか~。

今後の課題

今後の私の課題には

  • 仕事部屋を整える(未だ、物置状態)
  • ブログにアップして恥ずかしくない程度の料理が作れるようにする少なくともこのレベル↓からは脱皮したい。
  • 浴室に絶対、カビを発生させない。
  • いつ、人が来ても良いように部屋をキレイにしておく。
    に加え、
  • 売り主の加齢臭の払しょくに全力を挙げる

というのが追加されました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク