Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

近所付き合い 苦手な私ですが上階さんとはLINE交換しちゃった♪

上階さんから新鮮なお野菜をいただく

先日、上階さんから新鮮なお野菜ををいただきまして・・・

せっかくなので普段はあまりやらない料理などを作ってみました・・・

生春巻き(一応)・・・です。

どうですか、海老がキレイじゃないですか、茹でたヤツを買ってきました。

去年の夏も生春巻きを作ったのですが、このように途中でバラバラになってしまうことが多かった。

私の料理の腕も上がった(?)もんです。

まぁ、分譲買ってキッチンが使いやすくなると料理をするようになる、という分譲あるある。

近所づきあい苦手な私、お返しが思いつかない・・

上階さんは時々、新鮮なお野菜をいただくらしくおすそ分けを何度かいただきました。

ただ、私は何も返すものがなく入居時にタオルハンカチを渡したのみ・・・

それもてっきり上階さんを年配の男性と思い込んで男性用の地味な柄を選んでしまった・・・

うーん、気の利いたお返しをしたいのですが、基本、引きこもりだし、旅行も行かないし、帰省すらしないし・・・

オッシャレーなクッキーかスコーンを焼いて持っていく、というのを一度で良いからやってみたい。

牧場の牛乳スコーン12個セット

スイーツ作りって普通の料理より分量とかキチっと計らなきゃいけないらしいから、私がやると完全にお返しという名の罰ゲームになってしまいますな。(^_^;)

近所の引きこもり男性の話をしてみる

先日、深夜に警察の訪問があったことで「夜な夜な雄叫びをあげる近所の引きこもり男性」のことを話してみる。

深夜、警察官の家庭訪問を受ける、治安がちょっと心配になる
深夜、突然の警察官訪問 先日、深夜(といっても11時頃)にいきなり警察官が拙宅にお見えになりまして・・・ このマンションに来てから警...

上階さんもやはり、その男性のことは気になっていたようで、

「そうなのよ、以前はあれほどひどくは無かったけど、最近ひどいよね、あれさえなければ本当に静かなのに。」

と言う。

引きこもりだからと言って犯罪予備軍のような目で見てはいけないことは重々承知しております。

何しろ私だって昼も夜もほぼ在宅の引きこもり状態。

私の場合、働けば働くほど引きこもり状態になるのですが。

ただ、まだ働けるだろう年齢の男性が昼夜引き籠って深夜に不穏当な事を近所中に響く大声で叫んでいる、となるとちょっと事情は変わってくる。

上階さんもこの件は気になってた様子。

「危ない人じゃなければ良いけどね~」などとお互い話していたら上階さんが、

「連絡先、交換させてもらっても良い?」

と訊いてくれまして。

属性が近い者同士が固まる近所づきあい

実は私も上階さんと連絡先を交換したいと思っていたのですよ。

ほとんど接することは無くても、何かあった時に連絡先を知っていると安心じゃないですか。

一番近くの部屋は同じフロアのご近所さんになるのでしょうが、ほとんど小さいお子さんがいるファミリー。

なのでたまに廊下で顔を合わせても挨拶くらい・・・

ママ友同志はグループ作ってるようですが・・・

私、ママでも主婦でもないし・・・

おまけに平日昼間っから家にいるし・・・

多分、近所のママさん達から見るとワタシも不審人物だよね。

意外なことに上階さんもほとんどご近所つき合いはしていないそうなのですよ。

上階さんは同じ独身女性が入ってきたのがすごく嬉しいみたい、ワタシなんかの入居を喜んでくれるなんてこの方だけだろうな。

やっぱ近所づきあいって近しい属性同志が固まるな。
(上階さんはバツイチで現在独身のアラカン女性)

上階さんとLINE交換

もっと早くに「連絡先、交換しませんか」って言い出せば良かったなと思ってたら、

「ずっとガラケーだったのよ、だから連絡先交換したくても恥ずかしくて。

スマホをつい最近買ったばっかだから」と照れながら言う上階さん、

可愛い方ですo(*^▽^*)o

お互いスマホをふるふるしながらLINE交換しました。

例の雄叫び男はその後もたまに叫んでますが、上階さんとLINE交換したことで何だか安心しました。

上階があの方である限り、ご近所トラブルの心配は無さそう。

ほんと、売り主でイヤな思いをした分、上階さんには恵まれた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク