4回目の緊急事態宣言で心配される血中東京濃度の低下

東京に4回目の緊急事態宣言が出ることになってしまい、とっても心配です。

ナニが心配って、ワタクシの体内の血中東京濃度の低下ですよ。

ワタクシの東京ホームシックがひどくなったのは去年コロナが勃発して、小池さんが

東京へは来ないでください!

首都封鎖に現実味 知事「何もしなければロックダウン」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

と言い出したあたり・・・

おぉ~、そいつはないぜ、ユリコ。

東京はすぐ目と鼻の先、それにちょっと前までは東京都民としてせっせと税金納めさせていただいたではないですか。

身体と住民票は埼玉にあっても、ワタシの心とクリエィティビティは東京。

でも、この時、ガーンと大きく気づいたのですが、いくら東京に近くても埼玉は埼玉。

埼玉は埼玉、西東京市や清瀬市、ましてや東京23区にはなれない~♪

それまで道路事情の悪さやその他、色々埼玉に対する不満はあったのですが、このコロナ禍を境にこの不満ってあんまシャレにならないんじゃないかって思えてきた。

まぁ、助成金や休業補償とかの話ですが。

フリーランスのワタシですが、メインの取り引き先が幸い、コロナ禍で特需が生じる側だったので大打撃はなかったものの今後は大丈夫なのか?という不安。

この地で平穏無事な老後が過ごせるのか?

多少ムリしても、住まいの質を落としてもここは都内に戻った方が良いのではないか?

ってことで

都内へリターン

というプロジェクトがアタマをもたげてきた。

老後のナニが不安ってお金のこともだけど、埼玉4区でかかった病院ってどうもムカつく病院が多い。

極めつけはこのあたりだけど↓

医師の横柄な態度にあきれる、さすが埼玉
ちょっと前に骨粗鬆症の話を書きまして・・・ で、骨密度だけでなく血中のカルシウムの量を検査するということで先日、また病院にいっ...
埼玉のこういうトコがホントいや!特定医療費かからないって言ったくせに
インプラントの治療を受ける前に骨粗鬆症の治療をどうするかを決めてほしい、と上板橋の歯科医に言われ本日、整形外科に行ってまいりましたよ。 ...

医者に対しても疑問符が付くけど受付・電話応対なども低クオリティというか、都内で暮らしてた頃には味わったことのないセンセーション。

ところで、皆さまのところには新型コロナのワクチン接種券って来ました?

都内では60歳以下にも届き始めてるらしく、芸能人の方のブログ・SNSなどもその手の話が多い。

先日、この埼玉4区を1年で見限って新築一戸建てを売り払い都内の中古賃貸マンションに戻られたシングルマザーさんもワクチン接種券が来たと言ってた。

ウチは来ませんねぇ~・・・

国保の請求だけはガッツリ、来やがったけど。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク