年末年始、帰省しないおひとり様ですが、何か?

そろそろ正月休みモード

正月休みが近づいてきて、もう、今日からお休みに入ってる仕事関係の人とかもいます。

まぁ、コイツ、クソ面倒クサイ仕事をコッチにふっといて、テメーはさっさと休みかよ、って感じの人なんですけどね。

私の正月休みは取引先が休みに入る12/29(土)から1/6(日)の予定ですが、年末年始にメンテナンスしなければならない作業もあったりします。

通勤が無い分ラクだし、フリーランスとしてはフツーに休みは取れる方だと思います。

28日も外出したいのでそのあたりから休むかな。

で、旅行行くわけでも無ければ、実家に帰るわけでもない、ナニをしてるのかっつうと
家でゴロゴロですよ、、、もう、コレが最高!

年末年始のご予定は・・・実家には帰りたくない

だいたいこの時期の旅行なんてバカ高いし、混んでるし、なのでヘタに旅行に行くとかえってストレスが溜まる。

じゃ、実家に帰省はどうかっつうと、これもね~・・・

実は私、ほとんど実家に帰らない人。

特に年末年始は帰りません。

私が実家に帰る時は身内に病人が出た時くらい・・・

なので、帰省した時に偶然知人に会ったりすると、決まって

「どなたか具合が悪いの?」

と訊かれます。(^_^;)

実家のある街(というか村ですが)があまり好きではないんですよね。

子供時代の良い思い出がない故郷

どうも、私は実家の静岡県の遠州地方のあの街が性に合わない。

もともと、生まれたのは九州の福岡でした。

幼い頃の福岡にはそれなりに楽しい思い出もあるのですが、小学校に入る直前、両親の離婚で母の実家の静岡に母と弟と3人で戻って以来、静岡にはあまり良い思い出が無いんですよね。

まぁ、両親の離婚、というのもあるけど。

それ以上に静岡のK市は性に合わなかった。

とにかく保守的で男尊女卑な街だった。

それは今も変わらないようでちょっと前に市長が相撲の巡業で女性が土俵に上がった問題をパロッたような発言をして炎上してたな、バカなヤツ

だいぶ前だけど、市議会で議員が「どうせ、女性職員は男性職員の補助的な仕事しかしていない」などと発言してこの市以外のところでは問題になってたけど、この市はこの発言のどこに問題があるかも気づかないご様子。

特に私が住んでいたエリアは酷かった。

男尊女卑のあの街は今・・・

男の子が大学に行くのは当たり前だけど、女の子はどんなに成績が良くても4年生大学へ行くとなると近所中のやっかみがひどかったぁ~・・・

私はそこそこ成績が良く、特に英語が得意だったのですが、商売をやっていた母親から

「アンタが四年制大学に行ったら妬まれて客が誰も来なくなってしまう」

と言われたな。。。

そんな店ならとっとと潰れちまえ、と思うが。

あ”~、思い出しちゃった、あの頃。

まぁ、昭和の頃だけど・・・

う~ん、ロクな想い出が無いんだよね。

子供の頃、両親の離婚で家庭の状況が悪かったこともあるけど、それに輪をかけて村意識の強い閉鎖的で排他的な母の実家周辺の街がキライだった。

早く、大好きな父親が迎えに来て福岡に帰れる、ってことばっか考えてたな。

まぁ、その父親は当時、別に女性が出来てそっちと駆け落ちしてしまったわけですが。

こう書くと、私の父親は酷いヤローのようで、母や祖母に幼い頃からそう言い聞かされて育ってきました。

離婚するまで、父親は私のことをとても可愛がってくれてたので幼心にとてもショックだったと思う。

それを考えないように心にフタをしていたような気もします。

自分が大人になって母や祖母から聞かされてきた話がどうも胡散臭いと思うようになり、結局父が別の女性に走ったのは母にも大いに原因がある、というのがわかってきたけど、もう、そんなことどうでもいいっつうか、あんま興味無いっつうか。

小学校1年の時以来、実の父親にも会ってないし、あれほど戻りたかった福岡には一度も行ってないし。

静岡の実家には2年前、母が体調を壊した時に帰ったのが最後。

東京(埼玉4区だけど)が一番!!!

やっぱり東京が一番良いなと思うし、今が一番良い。
あ、今は埼玉4区住まいですが。

東京に出てきた初めて住んだ街が氷川台。

氷川台の石神井川沿い、大好きな散歩道でした

とても居心地の良い街です、氷川台。

実質、私の中の本当の故郷は氷川台なのかもしれない。

だから、あんなに物件探しの時も氷川台にこだわったのかな。

そんなこんなでとにかく、年末年始は今年も帰れまテン!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク