コシノヒロコの自宅マンション、81歳とは思えないクリエイティブなインテリア

ビジュアルのクセが強いコシノ3姉妹

コシノヒロコ、言わずとしれた世界的デザイナーで、コシノ3姉妹の長女。

一番左がヒロコ。その隣がブルゾンちえみでおなじみのコシノジュンコ

マチコは他人で右端のミチコが3女。

コシノ3姉妹の中では一番、洗練されたっつうかフツーなヒト感のあるビジュアルのヒロコ。

ま、妹二人がちょっと突き抜けてるので。

深イイ話でこのコシノヒロコの都内の自宅マンションを公開。

都内一等地でメチャクチャ広いコシノヒロコの自宅マンション

言うまでもないけどとにかくオシャレなんだわぁ~・・・

コシノヒロコって81歳でウチの母よか年上なんだけど、81歳、と言う年齢の定義が壊れるね、この方の自宅マンション見ると。

このソファなんてウチの母が見たら、間違いなく中華ドンブリって言うな。

家具はすべて海外から取り寄せだそう。

場所については言及せず、都内一等地とだけ。

離婚して基本一人暮らしだからセキュリティのため?

と思ったりするけど、とにかくスッゲーマンションだから、一般の人なんて入れないだろうから、場所言っちゃっても良いじゃん、と思うけど。

インテリアの中で花は重要

インテリアは甘さの無い、どちらかと言うと男性的なテイストでモノトーンで統一。

でも、生花をいたるところに置いてあるのでモノトーンだけど無機質にならないの。

インテリアの中で花が大事と語るコシノヒロコ。

おぉぉ、偶然、実は私も必ず家の中に生花を置くようにしています。

そこだけは私もヒロコ・コシノ。

花がショボッ!

こちらは寝室、ヒロコ自らセレクトしたという色違いの枕とスクエア模様のベッドシーツ。

ベッド、でか、チビな私なら縦にも横にも寝れそう。

コシノヒロコは舘ひろしが好み、というどうでも良い情報

この寝室で寝る前に大好きな舘ひろしのことを妄想するのだとか・・・

ヒロコ、舘ひろしみたいな顔が好きなんだと・・・

ヒロコの妹二人はその系の顔だよね。


舘ひろしといえばハズキルーペ・・・

どっかの美術館じゃないかと思うくらい長い廊下に絵が飾ってあって絵にスポットライトが当たるようになっている。

分譲賃貸かは言及しなかったけど、どっちだろ?

都心の超高級マンションって賃貸のほうがスッゲー物件あったりするからな。

80歳越えて広い住居ってどうなんでしょうね

コシノヒロコは離婚して娘が二人いるらしいけど、現在はこの超豪華なマンションは1人暮らし。

81歳でこんなドデカいマンションに住んでたら大変じゃないかと思う。

もちろん、お手伝いさんがいて掃除その他を自分がやることはないだろうけど、でも年取ったらあまり広くない方が身体がラクだから70歳くらいになったら40平米くらいのマンションに買い換えようか、などとチラッとでも考えた自分が恥ずかしい。

それにしてもコシノヒロコ、若い!!

コシノ3姉妹、スゲーな、ほんっと。

以前にコシノジュンコの自宅をテレビで見たことあるけど、これもすごかった。

ファッションデザイナーの世界ってどうなってるんだろ

絶対、フツーの人は着れそうにないこんな洋服ばっかなのに。

何でこんなに儲かってるんだろ。

それにしてもコシノ3姉妹ってすごいわ、多分、お母さんがスゴイ人なのだと思う。

コシノ3姉妹から学んだこと

  1. 80歳を越えてもクリエイティブであり続けられる、⇒これは草間弥生でも実証済み
  2. 80歳を越えても1人暮らしは可能(お手伝いさんなどが居るので若干特例だけど)
  3. 80歳越えても社会の第一線にいられる。
  4. 女性は持って生まれた美醜と関係なく成功できる

何だかんだ言っても「4」が一番励みになるわな。

ところでこの3姉妹、並び順がいつも

ヒロコ⇒ジュンコ⇒ミチコ
と決まっているようですが何か決まりごとでもあるのか、かしまし娘のように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク