高齢者の格差って切ないわぁ

数日前に大阪市平野区の老人ホームで起きた入居者男性(72)による職員の女性(68)殺害事件。

 大阪市平野区長吉川辺3丁目の住宅型有料老人ホーム「ヴェルジェ平野南」で17日朝、職員の榊(さかき)真希子さん(68)=同区長吉六反5丁目=が事務室で血を流して倒れ、死亡しているのが見つかった。捜査

事件現場の老人ホーム:住宅型有料老人ホーム「ヴェルジェ平野南」

これ聞いたとき、一瞬「?」と思った。

今まで職員が入居者を・・・ってのはあったけどその逆か・・・

で、もっと「?」と思ったのが介護される側と介護する側が4歳しか違わないこと。

72歳って老人ホームに入るには若過ぎない?

68歳で老人ホームで介護職につくって大変過ぎない?

この事件、加害男性も飛び降り自殺で亡くなっているので原因はわからないんだけど。

そのあと、こんな記事も出てきて気分が滅入るわぁ~、

 かつては「老老介護」といえば、自宅で高齢の親を介護する高齢の子供、といった関係性を示すことが多かった。ところが、最近では高齢の介護士が高齢者を介護する事例が増えているため、「老老介護」という言葉は

そう、高齢者格差問題ですよぉ。

比較的若くて老人ホームにはいるのはまぁお金に余裕のある層で、比較的高齢で老人ホームで働く側はまぁ、あまりお金に余裕が無い層・・・

で、起こるのが入居者による高齢スタッフへのマウンティング。

記事中の

入居者の方は比較的お金に余裕のある方ばかりということもあってか、入居者の一部の人が高齢スタッフにとにかく尊大で、貧乏人と詰ってみたり、かなり見下されているのです

や、

60代後半の男性スタッフが、70代の女性入居者から、貧乏人とか負け組とかいつもいじられていたんです。スタッフは当初、笑ってやり過ごしていたのですが、あまりにしつこくて、とうとう堪忍袋の緒が切れちゃったんです。

を読むと他人事とはいえ身体が一瞬暑くなるくらいカッとなってしまう。

ホットフラッシュかしら?

しっかし、カネのある無し以前に随分性格の悪いババァがいたもんだ。

一瞬、特殊詐欺にでも騙されりゃいいのに・・・と思ってしまった。

で、こういう言葉による嫌がらせだけでなくド助平ジジィによるセクハラも当然ある。

確かにセクハラめいたことは以前からあって、若いスタッフが入浴のお手伝いをするときとか要注意でした。でも、高齢の女性スタッフが担当だったりすると、入居者のセクハラ率が高いようなんです

若いスタッフより、高齢女性スタッフの方がセクハラに遭いやすいって・・・

あきれるわぁ・・・ド助平ジジィ、高齢女性を見くびるのもいい加減にしやがれ!と言いたくなる。

こういうのって我慢しなくちゃいけないんですかねぇ・・・

ってか、セクハラするくらい元気なら風呂くらい一人で入れ!と思うが。

参考画像:「ヴェルジェ平野南」の浴室

ヴェルジェ平野南 | 平野区長吉川辺 | 老人ホーム | 株式会社日本介護医療センター

ワタシは以前から介護するのもされるのも絶対にイヤ!!

と言うスタンスでいる。

ワタシの年金はスズメの目くそ程度なので老人ホーム入居は無理だし、介護職でこのような状況下を我慢するのはもっと無理。

だいたい、もう自分のケツが自分で拭けなくなったら覚悟決めるつもりでいる。

セクハラするようなド助平クソジジィなんて介護してやる必要あるのか?

ちなみに今回の加害男性は以前からトラブルを起こしていて近く退去の予定だったそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク