小山明子、家計破綻でうつ・・・というけど

今日の「徹子の部屋」に小山明子が出てたんですよ。

って言っても正直、小山明子って故・大島渚監督の奥さんで昭和の大女優って言うこと以外よく知らないんだけど。

昔はスッゲー美人だったようですけどね。

結婚当時の渚↓

興味が沸いたのは、この方、ちょっと前にコロナの影響で収入激減、からの経済不安でうつ病になったと言う話から。

 女優の小山明子さんが、1月16日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。一昨年、家計が破綻したことをきっかけに86歳でうつ病を患った小山

経済破綻とか家計破綻とか書いてあるけど、実際に話を聞いてみると『破綻』というほどではなく今までゼニの心配などしたことなかったのが気が付いたら仕事も無くてカネも乏しくパニくってうつ病になったような感じ。

経済破綻して生活保護を受けたとかいう話ではなく、現在も光熱費は月6万円とか言ってたからちょっと感覚違うな。

何よりこの人の息子は大学教授だし。

お金が無くなった。。。と言ってももともとどんぶり勘定で女優気質みたいなとこがあってあまり一般人の老後の参考にはならないんだけど、それでも90歳近くになってもまだ働こうとする意思が強く感じられ見習わねば!と思った。

ただ、やはりトシを取っておカネが無いってキツイな・・・とも思う。

小山明子の場合、光熱費が月6万円にもなるような家に住んでるわけだし、息子2人はそれなりに成功してるし・・・でホントの意味での貧乏とか生活困窮者というわけではなく昔のような派手な生活は出来なくなった、くらいじゃないかと思うんだけど。

最終的には息子さんやお嫁さんたちのサポートでうつ病も良くなり、経済状況も見直すようにして危機は脱したようです。

この番組はTverで見れまーす。

TVer(ティーバー)へ、ようこそ。TVerにあるテレビ番組はすべて無料!最新話から過去人気番組まで見放題!

それまでそれほどおカネに困ることも無かったろうし、たとえ困ったとしてもすぐにリカバーできるような稼ぎもあったと思う。

おカネが無く、また仕事も無い80代・・・となるとさぞ不安だったろうな。

それが原因でうつ病になるのもわかる気がする。

この番組を見てて、あんまり無理めな住み替えではなく、余裕を持っての住み替えにしなくてはいけないかな・・・などと思ってしまった。

そうなると築年数が古い物件か・・・

経済的なことを言うならこのままここに住み続けるのが一番なんだけどねぇ。

うーん、このままここに住み続ける・・・って考えるとまた早朝覚醒がひどくなっちゃって毎朝見たくもない暴れん坊将軍をぼんやり見るハメになる。

やはり、都内には戻りたい、経済的リスクを背負うかもしれないけど戻りたい!

小山明子と違い、こちとらサポートしてくれる息子やヨメはいないけどその分、他人任せにせず自分がしっかりするしかないっすな。

それにしても小山明子、もうすぐ88歳になるとは思えないくらい受け答えがしっかりしていた。

うーん、ウチの毒母は年下だが、もう会話がトンチンカン、この差ってナニ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク