マンション購入の決め手、色々あるけど運とか縁ってのもあると思う

昨夜のワールドカップ、盛り上がりましたよね。

まさか、ニッポン、勝つとは・・・

そして、コロンビアがまさか、あんな開始早々レッドカードくらうとは。

私はサッカー王国の静岡出身なので一応ワールドカップ気にしちゃう、とはいえ応援してるのはイタリアで今回はイタリア、まさかのワールドカップ予選落ちで出場無し、というあり得ねー状態だったのであんま興味無かったのですが、日本の初戦勝利でちょっとテンション↑↑。

前回のブラジル大会のときもコロンビア戦で同点になったあと、ハメスロドリゲスが入ってあれよあれよと言う間に大敗した記憶があるのでちょっとヒヤヒヤだったけど、昨日の日本代表の試合は結構面白かった、なかなかシュートが入らずイライラはしたけど。

でも、あのレッドカードはちょっとラッキーだった気もするけどなぁ・・・

逆に点取られた時の長谷部のファウルは「え?!」って感じで、アンラッキーだったけど。

運・不運といえば物件選びも運・不運ありますよね。

運というよりも縁とかタイミングかもしれないけど。

まぁ、当たりハズレと言っても良いかも。

不動産営業マンにそう言うと、

「いやぁ、そんなこと無いです、結局はどれも一緒ですよ」

みたいに言う人がいますが、いいや、そんなことない!(キッパリ)

不動産営業マンは面倒くさい客がキライ(誰でもキライだろうけど)なので賃貸でも分譲でも
「結局はどれも同じですよ、何件も見てまわるより早く決めちゃいましょう」なノリがあるので気をつけろ!!

特に中古マンションは当たりハズレが起きやすいと思う。

だって、価格の最終決定権がド素人の持ち主というか売り主なんだから。

しかも相場価格を外れても特に問題は無いらしいし。

あと、どこまで本当のコト、言ってるかわかんないしなぁ~。

例えば、近所トラブルがあってもそれを言わないとか・・・
不備があっても伝えないとか。

このあたり、強制的に真実を述べさせるシステムはないものか?
裁判みたく宣誓させる、みたいな。

中古マンションの当たりハズレは物件そのもの以外にも売り主の当たりハズレってとこも多いかもしれない。

私、このマンションの売り主の件が相当トラウマになってんな。

すごく良い売り主さんだった、というケースはあるのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Minosuke より:

    こんばんは!
    いや~。そりゃあやっぱり、「まずいところは黙っとこ!」っていう売主さんが多いのではないでしょうか。
    誰だって有利に売却したいですもんね。
    ご近所トラブルがあったとしても、売主はきっとそれから逃れたいわけで。
    正直に言ったら買ってもらえないですもんね。
    事故物件は告知義務が不動産屋さんにあるのですよね?
    それだって一旦他の人が住んでしまえば義務は消滅するんですもんね~。
    嫌な事ですけど、不動産に関してはまずは疑ってかかった方が良さそうですね。
    なんとか自分自身の真実を見極める目を養いたいものですね~。

    そういえば、kokoさんが前々回の記事で書いていらした同じマンションの同じフロア同じ広さの部屋の修繕積立金が6千円以上高かった件ですけど、もしかしたら修繕積立金の滞納とかが発生しているのではないでしょうか。
    確かではないのですけど、修繕積立金の滞納がある部屋の場合、次の購入者が支払いをさせられることがあると聞いたことがあるような気がします。
    一括で支払わされると思っていたのですけど、もしも分割で上乗せされていたら気が付かないのではないかと思って恐ろしくなりました。
    修繕積立金は要チェックですね。
    今までは物件の修繕積立金しか見ていませんでしたけど、他の部屋との比較もできるのでしたらしてみたいです。
    偶然同時期に売りに出ていなければ無理そうですよね~(*´Д`)

    • koko より:

      Minosukeさん、コメントありがとうございます!

      そうそうそう!「まずいところは黙っとこ!」は売り主側の常ですよね。
      買う側としてはそこを何とか攻めて口を割らせるわけですが(テレビで紀州のドンファンの事件やってるんでどうも書き方が刑事っぽくて)
      このあたり直球で聞くと答えてくれなかったりカドが立ったりするので、婉曲に婉曲に行くんですけどね・・・
      そうすると返ってきた答えがちょっとズレてたり。。。

      事故物件は告知義務あるので、いっそ事故物件ってなったほうが何があったか調べやすいですよね。
      不動産に関してはやっぱり疑ってかかる方が良いと私も思います。
      善意だったら大変失礼をしてしまうのですが、うーん、本当に善意の営業マンであれば大きい買い物でナーバスになってる
      こちらの精神状態もある程度わかってくれるのでは・・・と思います。
      購入の時にお世話になった不動産屋さんはありがたいことにそのあたりわかってくれてましたね。
      でも、向こうも商売なのでやはり自分自身が見る目を養う、少なくとも相場感を身につけておくのは大事ですね。

      修繕積立金の滞納ってそんな風に繰り越されてしまうことがあるんですか?
      ∑( ̄[] ̄;)!

      うーん、思った以上に中古の場合は前の持ち主の影響が大きいですね。。。
      最初は売り主居住中の物件は内見の日程設定とか面倒くさいし、心ゆくまで見れないだろうから
      嫌だなと思ったけど、そういう話を聞くと居住中で前の持ち主がどのような使い方をしてるか見ておくのって
      大事かもしれないですね。

      修繕積立金は購入を決めた後、売出し時の資料をもらえてそれで他の部屋もだいたいわかっちゃいました
      (^^)ニコ

      物件購入って最後は運とかタイミングもありますよね。
      慎重になればなるほど決めづらいというか。