Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

部屋の真ん中に梁、これってギロチンマンション?

このマンションの欠点、天井の梁が多い

私自身はさほど気にしてないのですが、このマンションは意外と欠点も多いのではないか?と最近、考える時があります。

眺望LDKの陽当たり・・・

そして、天井の梁・・・

そう、太い梁が全部の部屋にあります、

まず、仕事部屋という名の物置部屋↓・・・冬寒く夏暑いので最近は盆地部屋とも呼んでます。

今回、梁をわかりやすくするため、梁の部分中心に写真撮ってるのでちょっと梁が目立ってます。

LDKの梁↓。

写真の赤い線と「梁」という文字はわかりやすくするため私が画像に付けたやつです。

実際にこんな線と文字があるわけじゃないので・・・その点、よろしく!

で、こちらが寝室↓。

どうっすか、どの部屋も見事にぶっとい梁があるじゃあありませんか。

天井の梁、気付いていたけど気にならなかった

この天井の梁ってマイナスですよね?

こんなぶっとい梁が全部屋にあるのを内見時に気づかなかったのか?

姑eyesで精査したとか言いながらオマエの眼は節穴か?」

と言われそうですが、もちろん気づいてましたとも。

気付いてたんですけどね、気にならなかったんですよね。

これは私が背が低い(150ちょいくらい)のでそれほど圧迫感感じることもなく。

あと、分譲買いたい!と思った直接のきっかけは仕事場・寝室・食事・テレビ観てゴロゴロする場所を分けてメリハリのある生活したい、ということだったので、この梁は上手く使えば区切りのようになって面白いな、と思ったのです。

もし、私が180cmとかあったら少しは圧迫感、感じたのかな~・・・

多分、こういう人間↓だったら、梁に当たることは無いまでも「ウザッ、天井低ッ!」くらいに思ったかも。

身長180cmのスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン。

まぁ、こういう女だったら多分埼玉で中古マンション買うこともないので余計な心配ですけどね。

下がり天井とも言うらしい天井の梁

この天井の梁は下がり天井とも言われ結構なマイナスポイントのようです。

色々検索してみると「ギロチンマンション」などとも呼ばれていたりするようです。

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

と言っても住んでる私が全然気にならないので私としては「これがそんなに悪い?」って感じなんですよね。

むしろ、私はこの梁の部分を区切りとして部屋のレイアウトを分けるのにちょうど良いな、くらいに思ってるのですが・・・

これってやっぱり私がチビなせいかしら。

天井の梁は売却の際には相当なマイナスなのか?

私自身は全く気にならないとはいえ、気になるのはもし売却となったらこの梁は相当なマイナスなのか?という点です。

このマンション自体は気に入っているものの、老後は東京の方が暮らしやすい気がするんですよね。

あと、10年くらいして希望の氷川台に手頃な物件が出て、その時に仕事も上手く行っていたら住み替えてもいいかな、という気持ちもあったり。。。
現実的には厳しいのかもしれないけど。

身長180cmくらいの目線になってこの梁を確認してみたいな。

こういうブーツ履いて一度、部屋の中を歩き回ったらまた見え方も違ってくるのかなぁ・・・
コケそうだよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク