マンションは立地が良ければ老朽化しても大丈夫?

マンションの寿命、何年持つのだろうか

ずっと疑問に思っていることの一つにマンションって何年持つのだろうか?というのがある。

で、分譲マンションで老朽化しちゃって建て替えが必要ってなったら建築費って住人が払うんですかね?

って言ってもとんでもない金額じゃん。

ウチのマンションなんて大規模修繕を控えて「一時金を10万円」って仮定の話をしてもスッゲー反発喰らうのに、建て替えの費用だなんて。

しかも老朽化したマンションって比較的ご高齢層が多く入居してるイメージなんだけど、現役世代でもなところへいきなり数千万くらいの負担ってどう考えても現実的ではないっすよね。

これに関しては物件探しの時に不動産マンに色々訊いたけど確たる答えはナッシング。

D不動産のS氏にいたっては

ウチの獅子マンションであれば50年経過していて特に問題は無いし、計算上では100年持つことになっている

その計算ってのがどういう計算なのか・・・

表参道駅徒歩1分の南青山第一マンションズなら・・・

それにマンションって管理状態でだいぶ変わってきますよね。

で、そんな疑問もスッゲー立地の良いマンションならそんな心配は無用なのでは?って話がこちら↓

東京・表参道の一等地に建つ築48年の「南青山第一マンションズ」。同マンションの建て替えをめぐって住民が揉めていることを報じたところ、所有者たちに水面下でマンション売却を迫る申し入れが押し寄せているという。怪しい業者も出てきて、もうだれを信じていいのかわからない…。

ちょっと面倒くさい記事なのでポイントは;

南青山第一マンションズ(ここが複数形なのが何とも言えない・・・)という南青山にある12階建てマンション。

★築50年、だけど表参道駅から徒歩1分と言う立地の良さで有名人の居住者も多い。

★老朽化のため、建て替えを検討。

★現在の12階建てを22階建ての高層マンションに建て替え、増やした分の売却で工事費を賄う。

現在の住人はお金を払うことなく建て替えたあと現在と同じ専有面積を約束される

という話。

結局、これは間に入った業者がどうもアヤシイってんで色々トラブって頓挫しちゃってるらしいんだけど。

現地にはこういう看板まで出ていた。

立地が最高なら建て替え費用はタダ?

今まで謎だった老朽化した(分譲)マンションはその後どうなるのだろう?

の回答の一つは

スッゲー立地が良いマンションであれば

増床して建て替え、増床分が建築費になるので負担ゼロで新物件に住める(?)。

ムリをしてでも立地が良い物件を買った方が良いと言われるのはこういうこともあるのだろうか?

でも、増床たって、ワタシが住んでた上板橋と東武練馬の中間地点あたりは高層の建物禁止区域とかで確か6階以上の建設は禁止だった気がする。

旧居のベランダから見た景色、夕立の直前に撮ったので不穏な雲行き。

その場合はこの南青山第一マンションズのようなやり方はできないわけで。

それ以前に最寄り駅が表参道と上板橋というドデカイ差があるんだけど。

まぁ、暮らしやすさだけなら上板橋の方が上じゃない?
上板橋駅前、今年の1月4日↓

ちなみに現在、南青山第一マンションズ内に売り出し物件はないか確認してみると無いんだよね。

あっても買えないけどね、築50年でもすごい価格らしいから。

ナニを考えてるでしょうね、ワタシは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク