マンションもだけど 心配し過ぎるって良いのか悪いのか

新型コロナウィルス、大変なことになってますね・・・

私はもともと家での仕事がメインなのであまり影響はないのですが、それでも先週後半くらいから取引先より

「担当者が3月13日まで在宅勤務になります」

とか

「3月の打ち合わせはテレカンで結構です」

といった連絡が続々入るので普通の会社ではテレワーク推奨化が進んでるよう。

花粉症の友人はマスクが買えず通勤時、電車でくしゃみを抑えるのが大変だそうで。

ちょっとくしゃみが漏れると白い目で見られるそうで大変だな、在宅ワーカーで良かったわぁ、と思っていたら今ウチにはトイレットペーパーがあと4ロールしかない。

で、買いに行ってもこの状態↓

こんなものまで購入制限がかかっている。

まぁ、一人暮らしなのであと4ロールあればしばらく何とかなりそうだけど、一日家にいるからなぁ・・・

ケツ拭かないわけにはいかないしなぁ~、
あ、お下品ですいません。ぺこ <(_ _)>

こんなケツ拭きの心配よりも突然の学校お休みでお子さんのいるご家庭は本当に大変らしい・・・って他人事ですいません、何しろ自分も友人も皆独身者なので。

この休校の決定ってほんっとに安倍ちゃん、よくお考えになったのかしら。

何となく北海道のイケメン知事に遅れをとってはならない!みたいに張りあった感あるけど、気のせいでしょうか。

休校だのイベント自粛だの、ここまでやる必要はない、心配し過ぎ
という説もあれば、
いや、これくらいの対策が必要」、
という声もあってホントのとこはよくわかんないけど。

万が一、もっとえらいこっちゃな事態を想定して心配し過ぎるくらいがいいような気もするけど、「心配し過ぎ」てのもどうなのかなぁ・・・

というのも、ほら私、マンション購入にあたってすっごい色んなこと心配したじゃないですか。

前にここに越して1年経過した時にも「心配していたことのほとんどは杞憂だった」と書いたのですが。

埼玉にマンション買って早1年、この1年を振り返る
祝:新居1年、とりあえず何事もなく・・・ 今月の27日はこのマンションに越してきてちょうど1年。 無事に1年目を迎えたらお祝いに...

今、2年と3か月が経過して思うのは

あんなに心配しなくても良かった。

言い換えればもっと大胆に物件選びをしても良かった・・・

何を今さら言ってんだ、って感じですけど。

ぶっちゃけ、

物件価格が上がっても都内をあきらめない方が良かった

です。

心配し過ぎた挙句に妥協した部分がのちの後悔につながる。。。という典型。

うーん、これは私が今、おかげさまで平和に暮らしているから言えるのかもしれないけど。

でも、やっぱりね、都内と埼玉4区ってかなり違うのですよ。

埼玉4区に来てから以前練馬区民だった時は感じなかった小さなストレスが多々ありまして。

といっても、家にいる分には問題ないので要は外に出なけりゃいいんだけど。

でも、仕事の合間の散歩や深夜のファミレスで読書とかささやかな楽しみがねぇ~。。。

今、そういう事やると何かしらストレスになることがあるので自粛状態。

なので最近、自炊しようと思い立ってこの包丁を注文

今までちゃんとした包丁を使ったことがないのでこの包丁研ぎもついでに注文

ちなみに現在、包丁として使用しているのはこちらのプティナイフ。

デカい包丁って怖くて使えないんだよね~。

やっぱ、自炊はムリかしら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク