Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

マンションの天井と照明の重さ

オシャレな照明が欲しい!

広い分譲に移ったら照明にはものすごくこだわるつもりでした。

間接照明とかファンがついたやつとか・・・

もう、妄想が膨らみまくってたのですが、現実はですね、そうは問屋がおろさない。

まず、何度も書いてますがウチのマンション、梁が出ておりそこで照明が区切られるのでドデカいシャンデリアとかはちょっとムリ。

現在のリビングの照明↓
ニトリっぽいので気に入らず変えたくてしょうがない。

B-companyのファン付きの照明

でね、ずっと気になっていた照明があるのです、それがコレ↓
しばらく前にパルコのB-companyで展示されていたやつ。

そうですよ、念願のファン付き照明!

もうこれで決まり!!

木目がシンプルで落ち着いていてこれなら飽きも来ないだろうし・・・

と思っていたのですがよく見たらけっこう直径がデカそう。

ファン付きの照明の意外な盲点

ほら、ウチのリビングってこんな感じで向こうに梁があるから羽の部分が当たるんじゃないかと気になって店員さんに大きさを訊ねたところ・・・

店員さん「お客様のリビングは照明は一か所ですか?」

ワタシ「いえ、LDKでつながっていて照明は4か所です(キッチン部分の照明は使ってないけど)」

そしたら店員さん、困った顔でそういう構造だとファンの付いた照明はやめといた方が無難では?とおっしゃるのです。

何でかっていうとこのファン付きの照明は重い!!

この写真の照明も5.5kgだけど、ファンを回転させるともっと重くなるのだそうです。

複数の照明を使う天井の場合、あまり重すぎるのを付けてしまうと落ちてくる可能性があるのだとか。

この落ちてくる、というのが

★照明が落ちてくる、なのか

★天井が落ちてくる、なのか確認しなかったのですが、ネットを見るとやはり重たい照明器具は天井に負担がかかると書いてある。

賃貸の場合は重さが理由でファン付き照明NGもあるそうです。

そっかぁ・・・

理想通りの住まいづくりは難しい

なかなか、理想通りにはいかんのう・・・

こんな豪勢なシャンデリアでシャレオツなごはんを食べてみたいものですが・・・

現代の豪華な金の金属の水晶シャンデリアの長方形の導かれた居間の寝室のレストランのホテルのバーの天井灯 装飾ライト

現実はこのニトリチックな照明の下で

今日のディナーはこれ↓

激辛ペヤングソース焼きそば

カップ焼きそばはやっぱりペヤングよねぇ~

よ~っく混ぜ混ぜして・・・

しかし、具がほとんど無いな、これはこれで美味しいけど。

お味のほうはさほど辛くない、というか私激辛強いので。

激辛といえば、旧居の時によく行った上板橋の中本。

二週間に一度くらいの割合で食べてたこのレディースランチ

あぁぁ、またあの蒙古タンメンが食べたい!!

明日、仕事がヒマだったら食べに行っちゃおうかしら。

やっぱり旧居の周辺、良かったな。

あと、照明が理想通りにはいかないもう一つ想定外の理由がありまして・・・

また、明日にでも書きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク