年金はいくつでもらうのが良いかFPに聞いてみた

現在フリーランスのワタシは将来もらえる年金がホンっとに少ない。

スズメの涙どころかスズメの目やににもならないくらい。

今はフリーランスだけどかつては正社員の期間も結構あったんだけどなぁ・・・

なんで年金、こんな少ないんだろ。。。

とにかく、このままいったら将来は100%下流老人まっしぐら!猫まっしぐら!!

で、こりゃナントカしなきゃってことで昨日、チラと書いたようにですね、
今日、ファイナンシャルプランナーの先生にあって色々と相談してきたわけですよ。

私は老後、どうしたら良いのでしょう
近日中にファイナンシャルプランナーと面談の予定があり、今どういうことを聞いたら良いかを整理しているのですが。。。 ぶっちゃけ、ワタシが...

場所は日本橋、金融関係の会社がいっぱい集まってるあたり。

コロナの影響というより土曜日のせいだと思いますが日本橋のオフィス街はヒトが少なっ!

ファイナンシャルプランナーさんは年配の男性、お互いマスクをつけパーティション越しに面談。

で、色々聞いたんだけど、まず気になるのは

年金は65歳からもらうのが良いのか70歳からもらうのが良いのか?

FPのオッサン、半笑いで

そりゃ、アナタがいくつまで生きるかですよ

「それくらい考えりゃわかるだろう、このバカ女・・・」とは言わなかったけど。

FP曰く

「もし、長~っく生きるなら70歳から多い金額で長い期間もらったほうが良いし、早死にしちゃうようならさっさと先にもらったほうが良い。」

そりゃ、確かにそうだけどさ、自分がいつまで生きるかがわからないのが人生でさぁ。

人生の結末もわからず、

ただ漠然と得体の知れない将来の不安に怯え、

自分の存在が何なのかさえ解らず震えている15 55の夜ぅ~!♪♪

さすがに面談中に尾崎豊を歌いだすことはしませんがね。

まぁ、スズメの目やに年金については、もし、65歳の時点で仕事をして収入があるのなら受給は70歳まで遅らせた方が良いのでは?と言うお話でした。

65歳の時点で楽隠居なんかできる身分じゃないのでもちろん、働くともさ。

詳しく知りたかったニーサとイデコについては私が思うよりはるかに複雑だったのでもう、面談中アタマがパンクしそうでした。

面談終えてカフェで一服。。。

でっかいチキンバーガー食べちゃった。
顎が外れそうでしたが美味!!
やっぱり都心の食いもんは違うな、店員さんも感じ良いし、店もオシャレだし。

イデコやニーサの理解度はともかく久々に都心に出たことで体内の血中東京濃度がグーンと上がってとても元気になりました。

最近、ここまで都心に来ることはなく大抵、池袋止まり(池袋は既に埼玉って説あり)。

こうしてみると東京って街はほんっとカッコ良いな。

この辺りなんてウォール街よりカッコイ♪

最高だぜ、TOKYO!! COOL TOKYO!!

とわけのわからんことをつぶやいて帰路につきましたとさ。

肝心の財テクや老後資金の話は今からメモを整理します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク