もらえる年金が少ない 、老後どうする

私も相当にお金の知識が無い人間ですが、Yahoo!ファイナンスを見てるとたまに私以上に(というか私以下?)に素っ頓狂な事を言ってる方がいて安心するというか笑えるというか・・・

というのも今回見つけたこの

45歳一人暮らし、貯金190万円。都内に家を買い、自宅をリフォームしながら老後を過ごしたい

本人曰く

40代も半ばになり将来の年金額を試算したところ、今の職場で60歳まで働けたとしても月額7万8000円ほどにしかならず、ゆくゆくは物価の安い国に移住するか、日本で生活保護を受けるかの、二択しかないように思っています。

よく読むとこのもらえる金額(月額7万8000円)がそもそも怪しくて、多分もっともらえるハズ、この点はFPも指摘。

ワタシが「コイツ、甘いな」と思ったのは

ゆくゆくは物価の安い国に移住するか、日本で生活保護を受けるか

この2択しかない、と言う点。

もらえる年金が少ないからと言っておいそれと生活保護なんか出ねえだろうよ。

働けるなら働け、と言われて終わりじゃない?

物価の安い国に移住、これなぁ~、実はワタシも昔ちょびっと考えたことありまして・・・テヘ。

しかし、よ~っく世界を見てみると物価の安い国というのは今イチ安定していない国でして。

そんな国へ年取ってから移住して安全な老後が暮らせるハズもなく。

あと、日本(っつうか東京だけど)は住居費は高いけど物価全体は他の大都市に比べてそんなに高くないんだよね。

よく行く池袋の焼き肉屋のランチ↓
これで880円、ニューヨークだったら5000円はするところだ、なぁ、コムロ(再試験受かったのか?)

特に首都圏に住んでいれば車もいらないし買い物にも便利だし、女性のおひとり様の老後ライフは日本の首都圏(特に東京)がベストだと思うが。

しかも、日本は医療費が3割なので負担が軽い、これ、海外だったら自費になるかド高い保険に自分で入らなきゃいけないんだよね。

老後を海外・・・ってのはむしろ金がある人がやる行為であって、年金の受給額が少ない場合の選択肢では決してないんだよね。

相手の国だって日本からカネも身寄りもないババァが死に場所求めてやってこられても迷惑だろうし、象の墓場じゃねーっつうの。

もう一つのこの方の相談は

中古の一戸建てを購入、思い通りにリノベーションして残りの人生を楽しく過ごしたいというのが唯一の夢
(できれば今住んでる杉並区か国立あたりで)

その夢はよーくわかるんだけど、中古の一戸建てはどう考えても無理づら。

FPは相談者の貯蓄額では全額借入になり、現在の物件価格高騰の中では相当古い物件しか買えなくて修繕積立金等の費用がかかることから一生賃貸を勧めている。

うーん、この点ね、個人的には築年数は古くても100戸以上の大規模マンションならアリじゃないかと思う・・・さすがに杉並区は無理ゲーだけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク