ザ・ノンフィクション:歌舞伎町 ホストクラブロミオ 薫と剣心、兄弟ホストの対決

ザ・ノンフィクション定番の歌舞伎町ネタ、今日はホストクラブ

今日のザ・ノンフィクションは歌舞伎町のホストクラブ、ロミオ(ROMEO)で働く兄弟ホストの話。

兄:薫(26歳)↓

弟:剣心(25歳)↓

兄は絶対的エースで、常にお店のNo.1

弟は万年2位(実質は4位前後)

っていってもどっちもそのままジャニーズに行けそうな超イケメンですけどね。

こんだけ、兄弟揃ってイケメンってことは両親も相当美形なんだろうな。

イケメン兄弟で顔はよく似てるんだけど性格は正反対。

自然体な兄といかにもホスト系な弟。

美意識高い弟、剣心、出勤前にはシートパックを欠かしません。

もちろん、ジムにも通って身体を鍛えてます。

毎日、出勤前には美容院に行って髪をセット。

でも、そんだけ頑張っても兄には勝てない・・・

やることなすこと空回りで常連のお客さんからも説教されてしまう始末。

ビジュアルはどちらも甲乙つけがたいイケメンなのに・・・

自然体のお兄ちゃんが何の苦も無さそうに確実に顧客をゲットしていくのと大違い。

ここで、

賢い兄 vs. アホな弟

という構図になっている。

ロミオの社長、ナイトが剣心を呼び出して説教

見かねたホストクラブ、ロミオの社長ナイトが剣心を呼び出して諭す。

兄に何としても勝ちたい剣心。

自分を鍛えようと滝行をする剣心

ジムで鍛えるにしてはお腹が・・・

滝行の影響か、俄然ハリキリだす弟・剣心

このロミオというホストクラブ、その日の売り上げ一位に与えられる特権がある。

それは店の閉店時に一曲歌える、というもの(通称:ラストソング)。

それって特権か?

罰ゲームに感じるホストもいるんじゃないかと思うが。

聞かされる方がたまったもんじゃない、みたいな。

滝行で覚醒したのか剣心は3日連続、このラストソングの特権を手にする。

徐々に上り調子になっていく弟・剣心。

父親についての疑問を母にぶつける兄・薫

一方、兄・薫は弟と似てないと言われ続け自分達の出生に疑問を持ち始める。

いやぁ、顔はそっくりだと思うけどな。

ちなみに左が兄の薫で右が弟の剣心。
どう見てもそっくりじゃん。

兄弟なんてもともと性格が似てる方が珍しいし。

母親が同じなのは間違いないので父が違うのではないか?と考え始め、夏休みに実家の北九州に帰省し母に聞いてみることに。

おぉぉ、ついに母親の顔が見れるわけだ。

歌舞伎町イケメン兄弟ホストの母は超美人

こんだけ、イケメン兄弟の母親ならきっとキレイなはず。

と思ったらやっぱりキレイ、この方。

年齢は非公開だったけど多分50代。
おキレイだわ~、これなら息子二人が揃ってイケメンなのも納得。

賢そうに見えた兄だけど意外とバカかも

弟とは父親が違うんじゃないか?という質問をぶつけられた母は

「ナニ言ってんの?そっくりじゃない、同じDNAに決まってるでしょ」

と一蹴。

そりゃそうだよな~。

だって、これだよ(ちなみに左が兄の薫で右が弟の剣心)、クリソツじゃん。

髪型一緒にしたら見分けつかないって。

兄の薫くん、ホストとしてお客さんに接してるときはそこそこ説得力あるんだけど、それ以外はな~んか、セリフの一つ一つが薄っぺらいんだよね。

で、売り上げの方は最後まで兄に弟はかなわないけど新規顧客を少しずつ増やしていくなど前向きになって最後は二人で居酒屋で3年ぶりに酒を飲んだりするわけだ。

な~んだかなぁ・・・

今回も締まらない内容でしたね。

ザ・ノンフィクションのホストシリーズでは「ホストの前に人間やろ」という伝説のホストでその後、脱税事件で大変なことになった井上敬一氏のシリーズが面白かっただけに今回、ガッカリ。

元ホストの井上敬一氏、今回の薫・剣心のようなタイプではありませんが・・・

救いは今回のこの兄弟ホストがホントにイケメンで画面に華があったこと。

しかし、イケメンだけど兄弟揃ってどっちもバカっぽいんだよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク