エアコン問題・・・正しくは室外機問題、やっぱりマルチはやめておく

マルチにするかセパレート(1台の室内機に1台の室外機、の通常のタイプ)で悩んでいたエアコン問題。

当初はベランダが狭くなるのがイヤなのでマルチにするつもりでいたのですが・・・

で、ビックカメラへレッツらごー♪

ビックカメラって特に家電は各メーカーからの販売応援の人が多くて、当然のことながらそういう人達は自分とこの製品を推してくるので中立なサジェスチョンが欲しい場合はスッゲー困る。

とはいえ、メーカーの人ってすごく詳しかったりするのでそういう部分は良いんだけど。

それにしても、ビックカメラのエアコン売り場の人って毎回スッゲーイヤな思いするんですけど。
この日も例外なく嫌な思いをさせられましたね。

まず、最初に対応した人はメーカーの人だったのですが新人さんであまり商品知識が無い方のようで、その後エアコンでは有名はDの方が担当してくださったのですが、私がマルチかセパレートかで悩んでいる、といったらもうDのマルチタイプのしか説明してくれないのですよ。

でも、ネットで調べるとマルチは故障しやすいとか2台つながってるエアコンの一台に不具合が出た場合はもう一台も使えなくなるとか色々マイナス面もある・・・

そして何よりお値段がかなり高くなるのです!
ぶっちゃけ、セパレートより10万円くらい高くなります。

正直、今のベランダはそんなに広くないので室外機が3台になるのはイヤだなと思って10万円は我慢してマルチでいこうと思ってたのですが、この方がDの特定の機種しか説明してくれないのが気になって他のメーカーのはどうですか?と聞いてみると、スッゲー、テキトーな対応になってしまい・・・

挙句にDのエアコン(マルチ)なら水曜日に取り付け工事ができるがそれ以外のメーカーだと年明けになる、というのです。

寒いのに耐えられなくて買うつもりだったのですが、とりあえず値段だけメモって考えたい、というとすっごいゾンザイな態度になり(ってか、最初っからすごい失礼な態度でムカついてたんだけど)、最新ではない古いカタログ(2016年1月のやつ)に税込ともなにもかかずに数字だけを殴り書きで渡されました。

こちらが「色々ありがとうございます」、と言ったのに「よろしくお願いします」も何も無く無言。

絶対にコイツから買わないし、またDのエアコンも買わない!!と決め、ビックカメラの別の店舗へまたレッツらゴー!

別の店舗ではビックカメラの女性の方が丁寧に対応していただき、私が持っていたカタログ(Dに渡されたヤツ)を見て

「あ、そちらは古いカタログですので、新しいのはこちらになります」と言って、大変丁寧に説明してくれましたとも。

で、マルチで考えていたんだけど、この方と話していてエアコンって私が考えてた以上に繊細っつうか、動かすとトラブルが起きやすいもののようです。

私の場合、寝室と仕事部屋のエアコンを2台一度に稼働することはほぼ無いと思うんだけど、うーん、トラブッたらイヤだしなぁ・・・

室外機3台置けないこともないからどうしよう・・・何より予算が10万円以上違ってくる・・・

考えたら私、エアコン買うの生まれて初めてだわ。

うーん、マルチの室外機はやっぱりDが一番安いみたいだし・・・Dは買いたくないし・・・

で、結局この週末ビックカメラでキャンペーンをやっていたパナソニックのこのコに決めたっす。

節電タイプとかフィルターの自動清浄機能があるものとか色々考えたんだけど、6畳と5畳の部屋でそんなに大きくないし、基本3部屋のうちの1か所しか使わないわけだし使用頻度はそんな高くないんで安いヤツでいいやってことで。

温度設定も0.5℃単位でできるし。

しかも、この商品2台買うと色んな値引きがついて結局2台合計、128,862円。

マルチにするなら最安でもこれの倍以上になるし、しかもDになっちゃうし。

まぁ、いっかパナソニックで。。。ほんとはシャープのブドウみたいなマークのが良かったんだけど。

パナソニックはキャンペーン中とかでパナ製品買うとくじ引きさせてくれます。

私は5等(つまり、ハズレ)で、ティッシュとトイレットペーパー一個。

代金は128,862円に配管とかの工事で約15000円。
もし、2台を縦積みにする場合はさらに約2000円かかるそうで、物入りだぁ~!!

でも、これで寝室と仕事部屋が快適になればもっと本格始動できるし。

ちなみに今朝の仕事部屋の室温はこちら↓

7.8℃って冷蔵庫並みじゃーん!

ちなみに取り付け工事は今週の水曜日にやってくれるそうです。

あのDの販売員のヤロー、D以外は年明けって言ったよね????

何なんだ、アイツ。

あ”---、ムカつく!!

このマンションを買ったときもだけど、最近高額の買い物で腹が立つこと多くて困るっす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク