実は因縁の地、小竹向原(賃貸物件トラブル話) ファイナル

前回前々回と2009年に体験した賃貸物件トラブルについて長々と書いちゃいましたが、その賃貸マンションと今回C不動産にご紹介を受けた中古物件が目と鼻の先なのです。トラブルのあった賃貸も家賃に対しての建物のスペックは悪くなかったので結構お得!な感じでソッコー決めちゃったのですが、今回の分譲物件も価格に対して広さや築年数、フルリフォーム直後などやはり条件が良いのです、そのため、あのトラブルのデジャブみたいな感じもあってあの嫌〜な思い出が蘇る。。。

2009年のトラブルの時は引っ越し先がなかなか見つからず部屋探しは難航したな〜・・・ハッキリしたことはわからないのですがどうやらそのトラブルは住んでいた男性が何かトラブルを起こした(金銭的な問題も含め)らしく、その部屋に外国の方が大勢で住み着くようになってしまったようでそれで始終騒音や振動が止まなかったようです。

なので、隣の部屋が日本人以外の苗字だったりするともうそれだけでNGにしてました、今の東京は日本以外のアジアからの住人が多くそんなこと言ってたら住むトコなんて見つかりませんね、永遠に。私自身も海外に住んでいたことがあるのでその辺りは比較的寛容な方だったのですが、例のトラブルを経験してからはちょっと見方がシビアになりました。正規の滞在であれば良いのですが、ちょっとでも違法な賃貸方法(これ、結構、今多いんですよ)が許されてしまいそう・・・なルーズな感じがしたらもうアウト!!

で、想定していた家賃からはかなり高くなってしまったものの、三井不動産管理で入居審査が厳しいという話であった今のマンションに決めました。幸い、今の賃貸マンションはとても居心地が良く2009年からずっと住んでいます。が、さすがに家賃も高いしこのまま住み続けるのは得策ではないと思い始め分譲を探しています。

この時の苦〜い経験が賃貸だったからまだ良かったものの、これが分譲だったら・・・と思うと・・・恐ろしや〜ヾ(li゜ω`)ノ怖過ぎぃ!!!!これが私が中々、マンションを買う気になれなかった原因の一つかも。

C不動産に案内していただいた小竹向原の物件はほとんど文句のつけようがないくらい良いのですが、木になる点を挙げると次の5つ;

1. インターホンにモニターが付いてない
2. 引き戸が多い(私、ドアの方が好き)
3.収納が少ない(これは許容範囲かな)
4.外階段(これは結構こだわりポイント)
5.マンション名がダサい(これが結構、大きく引っかかってる見栄っ張りな私)

これにプラスしてゴミ置場が今イチだったんですよね〜。。。ゴミ置場って結構その建物に住む人の意識みたいなのが反映されてるからなぁ〜。

しかし、それより何より一番引っかかっているのはトラブルを経験したマンションのすぐ近く、という事かもしれません。

でも、そんな神経の細い事言ってたら物件なんて買えないよね〜、ただでさえ予算がタイトなんだし。

このマンションにすっかなぁ〜。このブログに当時の事を吐き出したらだいぶスッキリしたし。

今後は資金繰りやその他の記事をメインに書いていく事になるかと思います。

引っ越したら生活費削減のためティップネスは止めて、当分は近所にあるこの上板橋体育館に通う予定。プログラムは結構充実してますよ。

unexpected03

城北中央公園隣の上板橋体育館、プログラムはまぁまぁ充実してますが、トレッドミルの30分時間制限が残念! 2016年12月3日撮影

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク