Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

再度内見 with リフォーム会社

意外とお手頃価格なリフォーム代金

今日の東京は快晴で小春日和、昨日の陰々滅々なそぼ降る天気と真逆でまさに内見日和。

こういう天気の良い日に物件を見てしまうと、実際以上に良く見えてしまいそうな不安もありますが。
ただ、今日見るのはすでに一度内見しずっと気になっている氷川台の物件(詳細はこちら)。

私としては再度内見するより本当は価格について、もう少し交渉の余地は無いのか問い合わせてもらいたいのですが、D不動産のSさんによると「リフォーム会社の人を同行し、希望するリフォームをした場合の価格を出してもらい、そのリフォーム代によって価格交渉の金額を考えた方が良い」とのことでした。

うーーん、やっぱり物件の価格交渉ってカジュアルにやってはいけないもの?業界規定?

そんなこんなで本日D不動産下請けのリフォーム会社にも立ち会っていただき再度内見。

リフォームしたい箇所を指しながら私の希望を伝えたところ、総額で100万前後くらいのリフォーム代で済みそうでした、ちょっと意外( ̄ェ ̄;) エッ?
その倍以上はかかると思っていました・・・

リフォーム代金がお手頃なのは

リフォームって一つのリフォーム会社でやれる部分はそんなに金額いかないらしいです、他の業者の介入が必要になるような部分、例えば、エアコン外してその背面のクロス張り替え、とかなると電器屋さんを呼ばなきゃいけなくなるので高くなるとからしいです。普通にクロスの張り替えやフロアの張り替えだと一つの業者さんがやるのである程度広い面積をやってもそんなに高くはならずこれは嬉しい誤算。

なので一番気になった奇ッ怪な色の壁紙や塗装はそんなに金額いかずに痕跡を消せそう。。。

あと、いたる所に「初めてのDIY」的に作られた棚や小物入れなどもきれいに撤去できるみたい。ただ、中にはあっても良いな、と思う棚などもあるのですが、いかんせん前の所有者のDIY技術が中二男子以下なので、それは何とかしたい、と思ったらちゃんと作り変えてくれるそうです、しかも数万円で。そんなに安く済むなら、前の所有者さんも業者に頼めば良かったのに・・・と思いましたが。

トイレも気になる箇所で、私は中古ならトイレは絶対取り替えたいと思っていました。個人的には何も付いていない普通の便座の方が掃除が楽で良いのでそちらに取り替えたい、といったらこれも10万円以内でOK、とのこと。多分、最先端テクノロジーの詰まった便座だったらもっと高くなるだろうけど、便座にそんな金かけてもなぁ~。
トイレは清潔が一番だし、せっかちな私は自動で開閉するようなトイレの蓋はまどろっこしくてしょうがない。

キッチンにも独特のカスタマイズが施されていたのですが、これがすごく上手な箇所と中二男子以下の箇所があり、どう対応したら良いのか。本来は通常のキッチンに戻したいとこですがそうするとやはり数十万円になってしまうらしいです。

なので、すごく上手にカスタマイズされた箇所に合わせて塗装やCFシートと呼ばれるものの張り替え、にすると10万円前後で済むらしい。。。意外。でも聞いて良かった。

氷川台にある城北中央公園もすっかり晩秋・・・な雰囲気

reform02

うーーん、こんな公園の近くに住みたいな。。。11月17日撮影

それにしても、何で前の所有者は新築で買ったせっかくのマンションにこのような面妖なカスタマイズをしたのだろう???

もともとDIYが得意とかならわかるけど、どう見ても小6男子が夏休みに作った巣箱以下だし。これは私一人の感想ではなく今日同行してくれたリフォーム会社の人も激しく同意済み。

ご夫婦で住んでいたようですが、奥さんはこんなローテクなDIY作業でせっかく購入したマンションを浸食していくご主人に対し、変わらぬ愛情を保てたのか?

夫婦ってぇのはまったく・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク