埼玉4区で暮らす限りストレスは続くよ、どこまでも。

昨日の早朝5時頃に目が覚め、電子レンジの配送のことを思い出したら眠れなくなってしまった。。。

何でさ、あんな不機嫌な兄ちゃんにこっちが下でに出て気を遣わなきゃいけないわけ?

配送の茶髪兄ちゃんが怖いんですけどぉ~in 埼玉
本日、めでたく新しい電子レンジが届きましてね。 これでやっとお弁当も肉まんも食べられるようになったわけですが。。。 ちょ...

茶髪にラフな服装に鋭い目つきのパッと見、半ツッパリの若い兄ちゃんってそれだけでも怖いよ。

で、あんなブスっとした態度で来られて配送・設置されてもねぇ。。。

その作業にすら信頼がもてなくなるじゃん。

埼玉4区に来てからこの手のことが多くて地道にストレスがチリツモ状態。

もし、このままこの埼玉4区でずっと暮らすならこのストレスや納得いかないことを受け入れなきゃいけないわけっすよね。

レンジを買った地元の量販店からこのような配送・設置に関するアンケートが来たんだけどさ。

この配送担当に書かれてる名前ってあの茶髪青年のこと?

だとしたら怖くてほんとのことなんか書けないじゃん!

だって、向こうはウチを知ってんだよ。

XXXXX様
この度はお買上いただき誠にありがとうございます。
配送担当 XXXX XXXXXXです。
XXXではお客様の満足度向上を目指し、アンケートを実施しております。
この度ご購入いただいたXX様には、
ぜひご協力いただきたくお願い申し上げます。

あの配送の青年(というか、少年といってもいいくらいの若者)も悪いコではないのかもしれないし、多分、配送の請負業務で条件など良くないなかを働いているのかもしれない。

福利厚生や社員教育などもない環境だったらプロ意識などが欠如するのも仕方ないか・・・と考えたところ、そういえばワタシもある会社で請負のエンジニアだった。

ということは、周囲の目はワタシのことも請負だからちゃんとしてないんじゃないかと思われるんじゃないかとか・・・

なーんかさ、ワタシの請負先の会社が信じられないくらい正社員に(だけ)高待遇なので、正社員はほとんど辞めずに老害化してくわけですよ、でも、社内営業に勤しんでクビの皮はガッツリつながり巨額の退職金と余裕の福利厚生で老後も安泰、で、そんな老害社員のとばっちりを食うのはウチら請負とか派遣さん。

ま、この話がわりと象徴的です↓

社畜のお荷物社員がどんなに疎まれても会社を辞めなかった理由
一昨日書いたこの記事で、「正社員でなければ人でない」が信条とも言える社畜のオバサン定年社員。 彼女がお荷物社員たるゆえん あまり...

でね、もう、そんなのがイヤなので来年インボイス制度の導入にともなって仕事のやり方を変えようと思っていたのですよ、今後は大きい会社の仕事を請け負うのはやめようと。

もちろん、収入的には大激減ですとも。

ただ、ちょっと挑戦してみたいこともあったのでいい機会かな・・・と。

しかし、そしたら都内リターンはほぼ不可能。

まぁ、幸い今のところ、請負先の会社に対しては以前ほどの大きい不満もなく。

上の記事は2018年の話なんでね。

最近では埼玉4区での生活に比べりゃこの会社のほうがはるかにストレス少ないと思ってますわ。

それが端的に表れた記事↓。

埼玉が嫌過ぎて逆に好きになったモノ
埼玉県民になって約3年半、当初は東京と目と鼻の先なんだから東京とさしたる違いはないだろう・・・とタカ括ってたら、ビミョウにしかしハッキリと住...

なんか電子レンジの配送のことから仕事のことに話が飛んじゃったけど、要は埼玉4区での生活は都内にいた頃に比べ信じられないくらいストレスフルってことっす。
そして、あの茶髪配送業者の立場も考えてみようと思ったら仕事のこと思い出してよけいストレスになっちゃったじゃん。

あぁぁ〜、アンケートどうしようかな。

ホントのこと書いたらお礼参りとかされそうで怖いよ。。。ってかさ、何でこんな思いをしなきゃいけないわけ??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク