不動産通のお薦め物件ではあったけど・・・

友人の元同僚で不動産に目端の利く人がいます。
彼は不動産の買い替えで相当な資産を得たようで現在はサラリーマンを辞め不動産の収入だけで優雅な生活をしていて仲間内で不動産王と呼ばれているようです。
そんな元同僚が友人に絶対お奨め!という物件を紹介してくれました。
彼女も買う気満々で銀行のローンの確認までして内見に行ったのですが、その後、妙に乗り気でなくなってる・・・

その物件というのは私の理想の物件とも近いもので
・築17~8年、
・約1400万、
・広さ45平米くらい、
とまぁ、シングルが無理のない範囲で何とか買える、という感じの広さその他も含め理想の物件。

ちなみに場所は私の求める有楽町線沿いではなく赤羽です。

内装もリフォームされていたようだし、このスペックなら悪くないというか結構掘り出し物だと思うのですが、しかも彼女はずっと赤羽に住んでいて街も気に入っているようだし。

なのに何で?

彼女曰く、キッチンとベランダが長方形ではなくちょっと変形、というか三角形になっていてそれがしっくりこない、何か気持ち悪い、というのです。
でも、それって住んでるうちに慣れて気にならなくなるんじゃない?と言うと、いやぁ、そんなことないと思う、キッチンとベランダに入るたびにそれが気になってしょうがないと思う、と言うのです。彼女は感情が先に立つ人なので余計そういう風に感じるのかもしれませんが、何となくわかる気もする・・・

うーーん、理屈ではなく完全な皮膚感覚で拒否ってるってやつですね。

でも、住まいってこういうの結構ありますよね。私も何回も引っ越していて、賃貸ですが相当数の物件を見てきてやっぱり皮膚感覚って結構大事だと思います。
これがしっくりきた物件は住んだ後も快適ですが、これで何か気になるな、と思ったら後々までやっぱりそれが尾を引きます。

これってでも女性だけなのでしょうか?

多分彼女が気にしている部分って他にも気になる人がいたのかも、だからこの物件が他より価格が手ごろになっているのかもしれない。。。
ただ、これ気にしない人は気にしないだろうからそういう人からみたら超ラッキー!ですよね。

ただ、数字上で見るとこの物件は相当お買い得物件だったようで、不動産王の元同僚は商売っ気抜きで教えてあげたにも関わらず彼女のNGの原因が理解できないみたいでその後はもう物件紹介してくれなくなっちゃったんですよね。

うーーん、こういった不動産に強い知り合いがいると助かるんですけどね~・・・まぁ、自分で勉強します(当たり前っすね)。

こちら↓の写真はフジテレビのあるお台場、今最も地価が上がってると思われるウォーターフロントです、興味本位でこのあたりの物件も調べてみっかぁ。絶対買えないけど。

waterfront

人気のお台場、ウォーターフロント、自由の女神を中心に撮ってみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク