住まいのトラブルは職場のトラブルよりキツイ

前回、久々に上階さんにバッタリ遭った話を書きました、

上の住人の生活音も相性しだい・・・
今日の夕方、スーパーに行こうとしたら途中で上階さんと遭遇。 同じマンションの上と下に住んでいながらマンション内で遭遇することはめったに...

で、その夜、なぜか以前、小竹向原の賃貸マンションでひどい近所トラブルに見舞われた時の夢を見まして。。。

その時の詳細はこちら↓(だいぶ前、まだ旧居の賃貸にいた頃書いた話)

実は因縁の地、小竹向原(賃貸物件トラブル話)  前半
一昨日内見した小竹向原の物件を決めかねています(内見に行ってきました!(3))・・・ うーん、確かに値段から考えて良い物件なん...

2009年の話なのでもう今から10年以上も前ですが、でも、この近所トラブルがトラウマになってなかなか分譲を買う決断ができなかった。。。

そして、分譲探しの時も小竹向原を何となく避けてしまった。

この時感じたのは住まいでトラブルがあるのって職場でトラブルがあるよりツライ!!

職場のトラブルもツライけどある程度時間は限られるし、いざとなれば逃げることもできるじゃないですか、でも、住まいでトラブルがあるともうどこへも逃げ場が無い!って感じになるもん。

この時の上階の振動トラブルも辛かったけど拍車をかけたのが不動産会社の対応だった。

しばらくは街中でその不動産屋の看板を見るたびに犬のう〇こでも擦り付けてやりたい気分になったもんでした。

でも、悲しいことにその不動産屋は東武東上線に数多くの物件を展開していてしょっちゅう目にする看板だった(東武東上線沿いの方はしょっちゅう目にする会社です、〇ャ〇〇ャ〇〇ウ〇)、犬のう〇こがいくらあっても足りない。

東上線の車窓から・・・(その会社の看板は映っていません)

会社自体の問題というよりたまたま担当の方がヒデーヤツだったんだと思うけど。

もう、サイテーだったよな、挙句に「訴えるなら訴えてみろ、その代わりにアナタが絶対負けて裁判費用も全部アナタの負担です!」みたいな脅しもかけられた。

夢から覚めた時、一瞬、ボケてまだあの小竹向原のマンションにいるような感覚に襲われ「どうしよう!!またあの振動で眠れなくなる!!!」と怯えた。

それを思うと今は平和で安心だよなぁ、、、

やっぱり迂闊に動きたくないなぁ。

ここまでトラブルのないマンションは初めてだもん。
多少、イラっとすることはあるけど・・・
エントランスでたむろするママ友連合とか・・・

住宅ローンも無理のない範囲だし、トラブルも不具合も無いし静かだし・・・

これでここの住所が東京都練馬区氷川台1丁目だったらサイコーだったのになぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク