サントリーの新浪剛史社長、お若いのがお好き

サントリーの新浪 剛史(にいなみ たけし)社長の45歳定年制発言が話題になってるようですが・・・

 サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、「45歳定年制」の導入を提言して大きな波紋を呼んでいる。  報道によると、新浪社長は9日の記者会見で、「(定年を)45歳にすれば、30代、20代がみん

ふーん、こういう発言がこの会社から出るとこみるとこのサントリーと言う会社の45歳以上の社員は相当○○な人が多いんだろうなぁ。。。

注)○○の部分には適切な語句を代入。

いやぁ、わかるよ、新浪さん、アンタの言ってるこたぁよ~くわかる。

サントリー、新浪社長、どうっすか、この不適な面構え。。。

ワタシが知る限り、45歳以上で有能な社員って滅多にいないモン。

仕事ができないだけだったらまぁしょうがないけど、その社員って言うポジションに固執するあまり自分の不始末を他人になすりつけたり、とにかく上の人に取り入ったり・・・

とロクな事しやぁしねーんだから、そのくせ、ド高い給料や高待遇を得ているケースが多い。。

ワタシもそういう輩に何度かイヤな思いをさせられた、

この記事あたりを参照してください。

職場の厄介なおばさん、50代のお荷物社員が退職するとき
お荷物社員もひどいけど、会社もちょっとなぁ・・・ 一昨日のブログで書いた定年間際の社畜女性社員から謎のランチの誘い、Minosukeさんの...

そういや、以前にザ・ノンフィクションで取り上げられた47歳の三宅さんという女性もひどかった。

ザ・ノンフィクション 「輝きたくて 人生を変えたい私」の三宅理恵が痛かった
相変わらずクソ暑いっすね・・・ 私、今週末は夏バテなのか冷たいものを摂りすぎたのか、金曜の夜に激辛パスタを作って食べたら胃痛がし始め昨...

会社は「お願い、辞めてくれ~」と懇願しているにもかかわらず、

「私はこの会社を愛してる、この会社と結婚したんだから」

と言って意地でも辞めない。

ある意味、スッゲーメンタル強いとも言えるが、周りはスッゲー迷惑だと思うぞ。

まぁ、この三宅さんが勤務する会社は有名な会社なので本人は意地でも辞めたくないのだろうけどでもザ・ノンフィクションに出て無能社員として日本中に名が知られちゃったのになぁ・・・

それだけメンタル強けりゃ、開き直って別の仕事で生きていけそうな気もするが、この人は

大企業の正社員

と言うポジションにしがみついてたんだよね。

この手の輩は非正規社員やワタシのような請負に対しては人間と思わないような態度を取ることが多い反面、上の人にはもう、ひざまづいて足の裏でもケ〇の穴でも舐めかねない低姿勢なので上の人はなかなか実態がわかんなかったりするから厄介なんだよね。

それ考えるとサントリーの新浪社長、よく会社内を見てたんじゃないですか。

知らんけど。

でも、この新浪社長って1959年生まれの62歳だから、45歳定年がブーメランにならなきゃいいけど、相当なやり手みたいだから大丈夫か。

あと、本当にどうでも良いことなんだけど、この新浪社長って離婚歴が3回で今の奥さんは4人目だそうで・・・

いやぁ、お若い!!元気が良い!!

プロ経営者はこうでなくっちゃ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク