明日は引き渡しなんだけど・・・売り主に会いたくない・・・

いよいよ、明日は売り主が引っ越してくださるということで物件の引き渡しです。

実はこの物件の売り主はこの家が本当の家ではなくちゃんとメインの自宅があるのですよ。

で、この物件は旦那さん(いわゆる社会的地位がもっとも高い職業の人)が仕事で忙しい時に使う用らしいんですが、奥さん(コイツが毒)がなぜか全権掌握していて、毒さん、この物件にかなり愛着があるようなのです。

不快な思いをした契約日に引き渡しをいつにするかってなった時、すごい時間稼ぎしようとしたし、私が立ち会うって言うと、
「立ち会うんですか?!、平日ですよ、仕事は大丈夫なの?!」
とけん制してきたんですよ。

ってか、自分が平日指定したくせに。。。

うーん、何かね~・・立ち会わせまいとするかのような・・・

部屋の中をすごく荒らされて、そのまま去っていこうとしてるんじゃないかとか色々勘ぐっちゃって。。。

壁にスプレーペンキで落書きされてるんじゃないかとか・・・

私は結局、売り主と計4回会うことになるのですが友人は物件を売った時に1回しか会わなかったそうです。

普通、中古物件の売買って何回くらい売り主と買い手って会うものなのだろうか?

双方ともできればそんなに会いたくないんじゃないか、だから不動産会社が仲介してるんだろうし。

私はどうも、契約の際の売り主についてしまった不信・不快・不安がぬぐえず、ずっと引きずってます。

物件が公式に自分のものになった瞬間にもう部屋から前の持ち主の気配を一掃したくてしょうがありません。

最初にお目にかかった時は売り主の社会的地位の高さがそのままこの物件の価値を保証してくれるもののような気がして安心だったのですが、その後の経緯で激しく不信感と嫌悪感が根付いてしまいました。

毒さんが妙にあの物件に愛着を持ってるっぽいとこもすごく嫌で、できれば引き渡しをもっと早くすれば良かったと後悔もしました。

私の不動産会社はもっと早い日程で受け渡しを提案したのですが、毒さんが「色々準備もあるからそんなに早くはできない」とか ゴネ出して・・・

正直、物件についてちょっと確認したいことはチラホラあるのですが、ネット環境や郵便箱の暗証番号とかわかんないみたいなこと言ってやがって・・・

自慢話は長々するくせに大事なことは何一つ聞けやしないので、ほんっと困ったクソババァだわ。

明日、あのマンションを見るのは嬉しいけどあのババァ見るのはスッゲーイヤダァ!!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク