定年まで会社にしがみついた女性から退職前のランチに誘われ憂鬱

定年退職間近の社員からランチの誘い

仕事を請け負ってる会社に今月で定年退職する女性がいまして・・・

この方からですね、退職前に一度ランチをご一緒に・・・と言うお誘いをうけておりまして。

今、何と言って断ろうかと思案中。

と言ってもあと一週間くらいしかないのでこのまま逃げ切るのがベスト!だろうな。

60歳まで勤めて無事定年迎えた人に対して冷た過ぎ、と思われたアナタ!

それは彼女がどんな人間かしらないからですよ!!

彼女がどんな人間か、というとズバリ社畜!!

仕事は全くできなくて、定年まで職務を全うした、というよりも定年まで意地でも会社、正社員という立場にしがみついた。

いわば、ザ・ノンフィクションに出ていた三宅さんみたいな感じ。

ザ・ノンフィクション 「輝きたくて 人生を変えたい私」の三宅理恵が痛かった
相変わらずクソ暑いっすね・・・ 私、今週末は夏バテなのか冷たいものを摂りすぎたのか、金曜の夜に激辛パスタを作って食べたら胃痛がし始め昨...

定年退職の女性、彼女の部署は大喜び

やっと定年で、もう彼女の部署は大喜び!

これで「今まで止まっていたプロジェクトがやっと動き始める」と嬉々としている。

先日、打合せでこの会社に行ったら、彼女より一回り年下の上司がとても機嫌が良かったのは彼女の定年間近なのと無関係ではあるまい。

うーん、ここまで疎まれてよく会社に居られるな、と思うけど、この会社はとにかく正社員に大甘なのでよっぽどのことがない限りリストラにはならない。

当然、そのシワ寄せは非正規社員に来るわけで。

彼女の周りでは派遣さんがすぐ辞めるので有名だった。

彼女よりはるかに年下の上司や同僚からそのあまりの無能ぶりにしょっちゅう怒鳴られてた。

でも、とにかく上には平身低頭、下にはドS、と言っても万年ヒラ中のヒラの彼女に部下がいるわけもなく、その腹いせをどこに向けるか、というと私のような社外の人間や非正規社員。

私は、ある仕事でどうしても彼女が窓口になってしまうものがあり、けっこう接触は多くハラが立つことも多かった。

屈辱のディナーの誘い

中でもアタマに来たのはちょっと前にヨーロッパの本社からプロジェクトの担当者(もちろん外人)が来て2日間、会議とオリエンテーションをすることになった。

その際、夜一緒にディナーをするからkoko(私)さんも是非、参加して欲しい、というのですよ、もちろんディナー代は会社が持つから。

この人ってこういう飲み会や食事会に関して誘っておきながら、あとで
「あ、ごめんなさ~い、今回は正社員のみなのぉ~」

とイヤミったらしく言う人なので、もちろん即断った。

そしたら何度も何度も誘ってくるのですよ。

理由は彼女はあまり英語がお得意ではない。。。とりあえず私のように何語でもしゃべり倒して盛り上げるタイコ持ちが必要なわけだ。

正社員でない私が参加するから食事会の予算削減?

迷ったけど、肝心のヨーロッパの担当者がとても有能な方で今後も一緒に良い仕事をしたいと思わせてくれる方だったので行くことにしたのですよ。

そうしたら、「kokoさんが参加するから当初予定していた高級割烹に行けなくなった」

と言い出すのですよ。

え、どゆこと?!

彼女曰く、社員だけが参加するディナーであれば一人当たりウン万円もするお店OKなのだが、非正規社員が一人でも参加する場合はもっと予算がキビしくなるのだとか・・・

何度も何度も誘われたので参加することにしたのですが、今度はそのせいで予算がおりないので安いお店にしなければいけなくなった・・・と文句を言われた私は

「じゃぁ、イイです、私は不参加で・・・」

と言ったら、今度はもう参加って言ったんだから今さら変えるのはダメ!という。

私だけ自腹でウン万円払う?

いっそ、自分の分、ウン万円は自費で払って当初予定していた高級割烹で、と言おうかと思ったけど、こんな不愉快な人と食事するのにウン万円も使う気にはなれない。

しかも、私以外の参加者の費用は会社持ち。。。。

やってらんねー!!!

と思ったけど、結局、ヨーロッパ側の担当者が是非是非参加して、と言ってくれたのでこれ以上お断りするのも心苦しく、結局お店はお手頃価格の日本料理屋さんに落ち着きました。

この会社はと~にかく、正社員であればどんな無能でも庇護するので周りがすっごい迷惑。

私はこの時のコトは水に流せずイコンになってるのですが、当の定年のオバサンはそんなことも忘れたかのようにランチに誘ってくる。

彼女の同僚曰く

「うーん、もうすぐ定年なのに誰も誘ってくれないから、寂しいんじゃない?」

と言ってたけど、まぁ、自分でまいたタネだよね。

でも、一応、定年だし、ランチの誘いにのってやるか~っと思ったりもするけど、結局そこで話すのは「私は正社員だし、年金も退職金もた~っぷり」(この会社、今どき珍しいくらいそのあたりが手厚い)と言った話になるのはミエミエなのでやっぱり行かない!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Minosuke より:

    こんな時間にこんばんは(*´Д`)

    行かなくていいです!!
    ていうか、行っちゃダメですよ。
    そういう人は自分語りがしたいだけだからkokoさんの貴重な時間がもったいないです。
    マウンティング要員として今後もよろしくみたいな感じですり寄られても怖いじゃないですか。
    派遣社員をやっていた時によく無能社員や嫌われお局のランチ要員をさせられていましたが、一時間分余計に時給を貰いたかったです(+_+)
    社員にハブられている人はやっぱり問題の多い人なんですよね。
    本人だけがそれに気づいていなくて。
    下手したらお友達としてカウントされてしまうのでめんどくさいです。
    「お時給をいただいているので愛想がいいのです、お友達デハアリマセン!」って言いたい欲求に何度もかられましたっけ。
    逃げるが勝ちです\(^o^)/

    • koko より:

      Minosukeさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(^▽^)/v

      深夜に不快なことを思いださせてしまいすいません <(_ _)>

      Minosukeさんも同じようなご経験おありでしたか。
      こういう人って皆に嫌われてるのわかってるのに何で人を誘いたがるのか不思議ですね。
      やっぱり淋しいんでしょうかね。

      でも、現在の正社員優遇な社会はこういうゆがみ(って大げさだけど)生みますよね。
      寄らば大樹のかげ・・・でとにかく大きい会社の力のある人にひたすら寄って寄って・・・っていう。
      結果、立ち回りの上手い性格の悪い人が美味しい思いをしちゃう、みたいな。

      Minosukeさんに行かなくて良い!と言っていただいてすごく気がラクになりました。
      (*^-^)ニコ
      「もう、定年なんだから、最後くらい」って言う意見もあるんじゃないかと心配してたので。

      ほんっと、「今さら、一緒に昼メシ食って何の話すんだよ!」って感じの間がらの人なんですよね。

      ありがとうございます!o(*^▽^*)o~♪