埼玉が嫌過ぎて逆に好きになったモノ

埼玉県民になって約3年半、当初は東京と目と鼻の先なんだから東京とさしたる違いはないだろう・・・とタカ括ってたら、ビミョウにしかしハッキリと住み心地が違うことが判明し、特に去年から続くコロナ禍で都心に出る機会が半減したため体内の血中東京濃度がダダ下がり。

この手前の車、前輪は東京、後輪は埼玉↓

埼玉のナニがそんなに嫌なのか?と聞かれてもあり過ぎて答えらんない。

すべてだよ、すべて。

行政から街の景色から待ちゆく人のつっけんどんな対応から商業施設のプロ意識の無さ、いたるところで感じる森喜朗並みの男尊女卑。

まったくもって昭和の地方都市だわ。

埼玉のこの地にすごいストレスを感じるようになったら逆にストレスが無くなったものがある。。。

それはあれほど嫌いだったメインの取り引き先の会社。

色々あってもう昨年の前半で取引終了!と思っていたのだが、先方が思いがけず譲歩してくれ、またチーム内に若い新人さんが入ったりして流れが変わり・・・

最近ではこの会社に対してさほどストレスも感じることもなく、もうしばらく仕事を受けてもいいかな、、、

ってかむしろ仕事を受けさせていただきたい・・・
くらいに気持ちが軟化してしまった。

やっぱり、人間ってさ、すごくイヤなものが一個あると他のモノへの感情が薄まるよね。

ワタシだけ?

ナンカさ、埼玉に比べりゃこの会社の方が全然良いやって思えてきて。

とりあえずこの会社と取り引きがある限り、ある程度収入は安定するのでここで一気に繰り上げ返済するなり、カネ貯めるなりしてリターン to 練馬プロジェクトを発動せねば。

なるべく埼玉内を出歩かないようにしてストレス源を避けよう。。。

お金使わなくて良いかも。

今日はなぜかすっごくこのたぬきケーキ↓が食べたくて

下赤塚のこのフランス製菓に行ったのですが・・・

売り切れていて、しょうがなくこちらの2つを購入。
「お持ち歩きのお時間は?」などと聞かれることもなく、ドライアイスをつけてくれることもなく・・・

まぁ、値段が1個350円前後とお手頃だからいっかぁ・・・

味はもう、下赤塚らしいまったく洗練されてない身体に悪そうな甘さと油がコッテリ・・・

多分、コレステロール爆上がりだろうな。

まぁ、埼玉でケーキを買うことはほとんど無いので、たまに・・・ってことで。

ちなみに下赤塚は今イチな街ではあるけど、この商店街には安い店や食べ物屋さんが多くコスパは良いかも・・・

このシャレオツなパンツが何と一枚159円。

店内には試着室もありますよ・・・って159円のパンツを試着しますかね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク