Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

「手付金700万円返してください」というブログ

母さん、あのブログどうしたでしょうね、

ええ、1年くらい前、新築マンションの手付金で700万円支払った直後、事情が変わってマンション購入をやめたため、手付金の700万円を巡ってもめていたあのブログですよ。

母さん、あれは気になるブログでした・・・

と言う懐かしの70年代で書き出してみました、ママァ~ドゥ~ユ~リッメンバァ~♪

「手付金700万円返してください」と言うブログ

そう、去年の今頃?だったか、楽天ブログで作成されブログ村の「分譲マンション」カテゴリにあった「手付金700万円返してください」と言うブログ。

かなり前に削除されてしまったブログなのですが、その後の顛末が気になる。

どういったブログだったかザクっと説明すると、

夫婦と幼い子供2人の4人家族、共働きで世帯収入はそこそこアリ。

旦那さんは会社の家賃補助などもあるためマンション購入に乗り気ではない、奥さんはやはり分譲が魅力的、で、ある日、新築マンションの内見に行き一目ぼれしたマンションを契約。

イメージ画像です

これは首都圏の話ではなく地方都市のようですが、マンション価格は3000万の後半くらい?

奥さんはマンションを気に入り手付金700万円をお支払い、もともと世帯収入があるし夫妻ともにまだ30代後半くらいなので住宅ローンも心配無し。

マンション契約直後に夫の転勤

無事契約成立で良かった良かった、と思ったら、旦那さんの転勤が決まった。

その転勤先が、本来、自分たちが住んでいた実家方面で知り合いもいる地元。

今住んでるトコの方がこのご夫婦にとっては”転勤先”というか”赴任先”のような場所。

なので、この転勤は夫妻にとってありがたいもののはずだったのですが、マンションを先日契約したばかり。

この奥さん、最初、まだ契約したばかりなので手付金はいくらかキャンセル料は取られても返してもらえると思ってらしたようです。

ところが、というか、当然と言うか

マンション販売会社の方は

「手付金は一切お返しできません」

という・・・

手付金はネバーリターン

うーん、手付金と言う性質上、一度「買う!」と決めて払ったものなのだからしょうがない気もするけど、額がなぁ~・・・

で、この手付金700万円を巡る攻防がつづられていたのですが、結果を知ることなく途中でこのブログが消えてしまった・・・

最初は、あまりに話が面白い(不謹慎ですいません、当事者にとっては大問題ですよね)ので「釣り?」と思ったくらい。

でも、読んでるとかなりリアルな話でこの奥さんの切羽詰まった様子もよくわかり「釣り」とも思えず。

消費者生活センターに相談したり、弁護士に相談したり、当然、マンション販売会社とも相当荒れた話し合いをしていたようですが、やはり買う側の事情でキャンセルした場合は手付金は一切戻ってこないのが原則。

この奥さん側にかなり分が悪い状況だった。

一旦、マンションは買ってすぐに売りに出す

じゃ、700万円はあきらめなきゃいけないかっつうと、そういうわけではなく一度買って、また売りに出す、ということなんだけど。

でも、それって面倒くさい上に色々費用もかかるし、そのマンションが全室、売り切れるまでは売りに出してはいけいないらしい。

しかも、中古扱いになるので値段は安くなる。
(コレに関しては必ずしも安くなるとは限らないので希望を持っても良い気がするけど、立地によるのかな)

なので、当面はヤキモキする時間が続くわけですよ。

この奥さん(ご主人はあんまり前面に出ず)はあそこで内見に行かなければ良かった、ということをしきりに後悔してたけどもうあとのお祭りで。

このご夫婦、特に奥さんの心中を思うとほんっと切なくなる。

いくら世帯収入がそこそこある、といっても幼い子供二人いてこれから教育費だってかかるわけだから700万円あきらめるわけにはいかないだろうし。

ナンで手付金に700万円も?転勤は事前に察知できないか?

とはいえ、ちょっと疑問なトコもいくつかあって。

1.まず、手付金700万円は払い過ぎじゃね?

普通、3000万前後のマンションでも100万円くらいで良いとおもうけど、手付金。

ちなみに私は100万円でした。

2.旦那さんの転勤って事前にそれっぽいことはわからなかったのか?

うーん、単身者であれば急に転勤ってあるみたいだけど、家族持ちにいきなり転勤の辞令って出る?

その前に打診があったり、何となくわかりそうな気配があるじゃないですか。

そういうのがあれば、うかつに転勤先でマンション買うってならないと思いますが。

家賃補助があって転勤もあるならむしろ、そこで買わなくて良い気さえする。

怖ろしきはモデルルームの魔力

多分、この奥さんは新築のモデルルームを見てそれに魅了されてしまったんだと思う、いわゆる一目ぼれ。

モデルルーム、迂闊に足を踏み入れてはならない・・・

条件の良い部屋から先に売れてしまうので早く契約しなきゃ、と言う思いもあっただろうし。

「買う側の都合でキャンセルして手付金が返ってくるわけないじゃん」という世間の声もあろうかと思いますが、この奥さんの切なさや後悔が文章から溢れていて、読んでるこちらも切なくなった、

かといって、ここで手付金全額返還、ってことになったら「そんなのアリかよ」って話になるし、なんとか良い着地点が見つかれば良いなぁと思ってました。

そう思ってるうちにこのブログが消えてしまったのでその後どうなったのかわからずじまいなのですが・・・

どうなったんだろ・・・

不動産は大きいお金が動くのでどうしても神経質になりがち。

そして、相手は大手不動産会社。

このテのややこしい契約に関してはむこうは海千山千で、こっちは圧倒的不利。

このあたりがマンション買いたくても一歩踏み出せない理由だったりする。

その後の顛末がどうなったのか、こそっと教えていただけるとありがたいです。

この件がもし、この奥さんが納得する形で円満解決していればマンション購入を考えている人の不安やリスクの軽減にもなるので続けてほしいブログだったな。

ブログ書いてる場合じゃないかもしれないけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. コーギー より:

    通常、手付金は物件価格の10%が通例だと思うので、3000万の物件で700万は
    高すぎですよね。頭金と間違えているのではないでしょうか。
    まあ、気の毒ではあるけど、キャンセルされたら販売会社も再度広告等出して
    売り出さなきゃいけないし、値引きもせざるを得ないので、700万は返却されな
    くても仕方ないかと思います。
    新築マンションのように入居が先の場合は、なるべく手付金を少なく入れるよう
    にすることも必要ですね。

    • koko より:

      コーギーさん、コメントありがとうござます!
      コーギーちゃんはお元気ですか?

      うーん、そうですね、700万円は手付金としたら払い過ぎですよね。
      頭金なのかな・・・あぁ~、でも確かブログの中に「何で手付金で700万も払ってしまったのか」といった箇所があったのでやっぱり手付金か。
      頭金に行く前の段階の話だったので。

      うーん、700万円まるまるあきらめるよりかは一度買って、売りに出す方が損失は少ないでしょうけど、手間が大変そう。
      私は中古だったので手付金渡してから入居まで一ヶ月半くらいだったんですが、それでも不安になりましたからね~。

      販売会社の方からすれば買う側の都合でキャンセルなのに逆切れされた、という感じでこれまた災難ですよね。(^_^;)

      新築マンション購入の際は、手付金をなるべく少なくですね、しかと心に留めておきます!

  2. すもも より:

    初めまして、不動産が好きでたどり着きました。
    コーギー様が言うように大手不動産の新築物件なら普通1割です。
    交渉して5%というのもネットで見たことがありますが、
    本当のところはわかりません。

    それで、契約するときにローン特約をつけるのが普通です。
    契約者の過失(自分の意思での転職や他の借金、滞納など)で
    住宅ローンが通らなくなった場合は、手付金は戻りませんが、
    遠方に転勤になったなどの不可抗力の場合は購入する物件に住むわけではないので、
    住宅ローンが通らないことが多く、ローン特約で手付金が戻ることが一般的です。
    なので、これも引渡し間際でローンが通らず、解約が一般的ではないでしょうか。
    引渡しが1年後でしたら、手付金が戻ってくるのは住宅ローンの本申し込みをして、
    落ちて後のおおよそ1年後で今すぐは難しいでしょう。
    ちなみに私はそういうキャンセル物件を購入したことがあります。
    前の契約者がオプションでつけたものは無償でいただけました。
    前の契約者がその分は払ったようです。
    私の感覚では1-2%はキャンセル住戸が出る印象です。

    なお売主事由で契約解除の場合、手付金の2倍返しが宅建法で決まっていますので、
    手付金を多く入れると、多く返ってくることがあるかもしれません。
    ただ、引渡しが当初の予定を大幅に遅れた、偽装などがあって引渡しが困難に
    なったなど相当なことがない限りありませんけど。

    • koko より:

      すももさん、こんばんは!(^▽^)/

      コメントありがとうございます。

      ローン特約について教えていただきありがとうございます!
      私は最初から中古マンションしか考えてなかったため、新築のような契約から入居
      までに時間がある場合のリスクがよくわからなかったのですが、確かにおっしゃる通りですね。

      1-2%はキャンセル住戸って出るもんなんですね。
      そう考えると何かしらの保険は必要ですよね。
      その確率で発生するキャンセル物件を手に入れる、というのも
      なかなか難しいですよね。
      本当に運とかタイミングによる巡り合わせなので、最初からそういう物件を狙ってはいけないのでしょうね。
      つい、次は新築欲しいな、なんて思ってしまい…(^_^;)

      とはいえ、不動産は想定外の事があった場合に動くお金が大きいので怖いです。
      住み替えや買い換えを何度もやってる人はすごいな、と思ってしまいます。

      貴重なお話を教えていただきありがとうございます!
      是非、またお寄りください!!
      (o^∇^o)ノ