Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

住宅ローンの謎、無職だった友人がなぜ6000万円近い物件購入できたのか

先日、千歳烏山に60平米超えのマンションを所有する友人と久々に会っておしゃべり。

千歳烏山(住所は世田谷区)で60平米超えなので価格は5000万円台後半。

と、書くとこの友人(仮にKちゃんとします、私と同い年齢のおひとり様)はバリキャリでスゴイ年収なんじゃないかと思われるかもしれませんが、現在はあるお店のパート。

無職の状態でなぜか住宅ローン審査通過?

物件を購入したのは18年前なのですが、その時も実は無職でそれ以降もずっとパートかバイト、サイアク無職という期間も結構ある友人なのです。

それで、何で世田谷にそんな新築マンション買えたのが不思議でしょうがないのですが・・・

参考イメージ

マンションを買った当時はまだ年齢も30歳ちょっとだったので、年齢的には問題無いのですが(あ、住宅ローン審査って年齢に対してかなり厳しめっす)、なんたって無職だもん。

厳密に言うと、ある会社を辞めて色々就活してて、再就職が決まったのですが、その会社がなぜか社会保険に入ってくれないため揉めていた期間、結局一ヶ月ほどでその会社を辞める、というような期間でして。

どう考えたって住宅ローン通るわけないじゃん、って感じなのですが。

実家頼みの住宅ローン?お父さんは70歳の年金受給者

考えられるのは実家頼み・・・なのですが、お母さんは彼女が幼い頃に亡くなられていて、公務員のお兄さんがいるのですが、彼女とは大変仲が悪くマンション購入の相談などできる間柄ではない。

で、頼みの綱はお父さん。。。

彼女のお父さんは元公務員で早期退職して、この時は年金暮らし。

公務員でも年金結構もらえるタイプの公務員だったようでそこそこは悠々自適、彼女はよくお父さんと旅行に行ったりしていた。

マンション購入に関してはこのお父さんのサポートが相当あったようだけど、なんたってお父さんもアパート暮らしだし、その時70超えてたので住宅ローンが通るとは思えないんだけど。

友人同士でもお金のことを結構アケスケに話す人もいれば、長い付き合いでも中々そういう話をしない人もいて彼女は後者。

といっても、正社員で働いてた頃は結構話してくれたので、会社を辞めて再就職がうまく行かなくなったあたりからあんまり経済状況については話さない感じになりました。

仲介会社を通してムリめの住宅ローン、通過?

どう考えても住宅ローンが通りそうもない状況で、そんな高額な住宅ローンがおりた謎が知りたくて何度か遠回しな聞き方で聞いてみたのですが、その都度はぐらかされる・・・

一度だけ、そういうローンを仲介してくれる仲介会社があるんだよ、って言ってたんだけど・・・

うーん、どういうことだろ???

果たしてそんな仲介会社なんてあるのか?

それはホワイトなやり方なのか?

ただ、こういったムリめの住宅ローンの場合はどうしても金利は高くなる、別の友人は結局スルガのレディースローンというバカ高い金利のローンを利用したし・・・

どうやらKチャンの場合も金利はかなり高いようで購入からある18年経ってもあまり返済額は減って無いみたいで生活は結構大変な様子。

なので、彼女はパート以外にも内職やコンビニのバイトとか色々やっていて大変なご様子。

パートやバイトで返せる住宅ローンの額じゃないと思うけど

うーん、確かに6000万円近い物件の住宅ローンを時給1000円以下のパートやバイトで返済していくのって並大抵じゃないと思う。

それに加え以前この記事にも書いたけど、彼女のマンションは住居戸数が10数戸なため修繕積立金と管理費も年と共に急上昇↑真っ最中。

修繕積立金と管理費の今後が気になる
修繕積立金と管理費 物件探しの際に修繕積立金と管理費についてはかなり気にしました。 修繕積立金はあまり少ないといざという時(大規模修...

Kちゃんと固定資産税の話もしたんだけど、やはりここ数年は少し固定資産税が上がってるとのこと。

やっぱ世田谷区だもんなぁ・・・

埼玉4区のウチだって固定資産税、去年より300円も上がってんだから世田谷区なら確実に上がってるだろうな。

ってことは18年経ったマンションでもある程度良い値段で売れるんじゃないかと思ったりする。

もし、私だったらそのマンションを売ってもう少し郊外に安いマンションを買うな、絶対。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク