希望のエリアで新築マンションを安く買うには?

安易に中古マンションに逃げないで

私はマンションを買おうと思ったとき、なぜかもう最初っから中古、と決めてました。

理由は新築なんて買えっこないと思ってたから。。。

私の場合;

・フリーランスなので多額の住宅ローンはおりない

・アラフィフなのでローン返済期間があまり長期(35年)とかはムリ

という理由であまり高額な物件はムリだろうな、と最初っからあきらめてました。

これは確かに間違ってないんだけど、じゃぁ、買ったマンションはどうだったのか?と言うと、これが新築売出し時とほぼ同じ金額。

じゃ、その時買っておけばフツーに新築買えたわけじゃーん!!

ほんっと、マンション購入におけるタイミングって怖ろしい・・・

中古で買ったのに新築時とほぼ同じ金額ってのがねぇ~

これが、思い出すたびに酸っぱいものが込み上げてきそうな(あ、妊娠じゃないですよ)いや~な気持ちになるのでスルーしそうになるのだけど、目をそらさずに何で自分はもっと賢くマンションを購入できなかったのか?という反省材料にし、次に活かしたい!

次??

次なんてあるのか???とお思いになったそこのアナタ、そう、実は私、今すぐではないけど次は新築が欲しいのですよ、今度こそ、理想の地、氷川台で。

氷川台、正久保橋から見る石神井川沿いの夕暮れ

アラフィフでマンションや家を購入した場合は、ほとんど「終の棲家」と考えるようで、私もそのつもりでいました。

ただ、どうしても納得いかねー!

富裕層だけに新築の良さを楽しませてたまるか!

マンション購入時のクソババァ売り主さんとのバトル(というか私が一方的にディスられた感あるんですけどぉ~)を思い出すにつけ、人生で一番高い買い物でなーんでこんな気持ちにさせられるんだ!(相手側の方が圧倒的に経済力あるからでしょ、って言われりゃそれまでですが)。

江戸の仇を長崎で・・・じゃないけど、埼玉4区の仇を氷川台で・・・って感じで、私はもう一度マンション購入(今度は買い換えですが)をしたいのです。

次は気持ち良く新築買って、購入時にクソ腹が立つようなこともなく、もちろん契約当日、いきなり値段を上げられる、ということもなく、前の持ち主のポマードまじりの加齢臭のないきれいで新しいマンションに入居したい!!

じゃ、金はあるのか?

ない!!

あと、氷川台に新築物件もあんま無い!

じゃ、どーするかっつうと、コツコツ、チマチマと情報収集するっす。

そして、首都圏の物件価格が下がるのをじっと待つ・・・

コツコツ情報を集め、じーっとその時を待つ・・・

居合抜きの達人がその一瞬にすべてを賭けるかのごとく。

どーっすか、目新しいトコは一つもないこの地味な戦略。。。

今のマンションに不満は無いんですけどね

別に今のマンションやエリアに取り立てて不満があるわけではなくむしろ気に入っているのでどうしても氷川台に新築を買って住み替えたい!というのではないのですが、前の持ち主のポマード混じりの加齢臭がまったくないまっさらなお家に住みたーい!!

売り主の加齢臭についてのグチはこの記事を読んでやってください。

中古マンション購入 注意点、売り主の加齢臭には気をつけろ!
退去から入居まで一週間しかなかった このマンションに入居したのが去年の11月27日。 ひと悶着あった売り主に何か報復されてやしねーか...

今後、具体的にどうするかっつうとマメに物件サイトをチェックしたり、セミナーなどに参加したり・・・って今までと同じだな。

物件の価格推移ってどのくらいの周期で1サイクルなのかわからないのですが、高いとき、安いときはあるはずだから常に推移を注視していれば最安値が見えてくるんじゃないかと。。。

その最安値の時期が30年後とかに来られてもなぁ・・・だし。

あと、どう考えても氷川台の方が物件価格は高いわけだから、

埼玉4区で中古マンションを売って氷川台の新築へ!

ってのはムリがある。

今後、氷川台の地価が下がって埼玉4区の地価が上がる要素はないか???

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク