埼玉のここが(も)嫌い、もうトランプに埼玉県知事をやってもらいたい

今日、幻冬舎のサイトで全国の知事の最新給与ランキングが発表されてまして・・・

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、47ある都道府県の「知事の給与」に焦点をあてていきます。

知事の給与が高い県、トップ10はご覧の通り。

神奈川県の1位はともかく、

埼玉県が2位ってどーゆーことよ・・・

それも1位の神奈川に肉薄した金額じゃん。

埼玉は魅力度ランキングでは最下位近辺をウロついてるだけでなく、県民の愛着度ランキングでは最下位なんだよ。

愛着度ランキング、発表~!!ズバリ、最下位は?
47都道府県の愛着度ランキング 2020 都道府県の住民に愛されている愛着度ランキングの2020年版が発表されまして。 1位、2位は...

知事さんの給料ってのは県の魅力に反比例する、という決まりごとでもあるんでしょうかね。

それとも、ここまで魅力も人気も無い県の知事をやってあげてるのだからそれなりにプレミアのついた給料をもらわないとワリに合わないとでもいうのか・・・

ちなみに東京は知事の給料が最下位・・・というのもユリコが自分から給料カット(年収約2896万円から年収約1448万円)を申し出たから。

ユリコ、太っ腹だねぇ~・・・

さすがだよ、惚れちゃうよ。

まぁ、べつにカネに困ってないからかもしんないけどね。

しかも、埼玉県知事の公用車はあの兵庫県知事でおなじみのセンチュリー

ちなみに全国でセンチュリーを公用車として使用しているのは次の10県。

静岡県と埼玉県以外はよく知りませんがこの2県はコンプラ以前の昭和の地方都市っぽいと言う点で共通している(あくまでもワタシの個人的感想です)。

どうりで埼玉県民になってから、静岡にいた頃を思い出させるイヤ~なデジャヴがよくあるんだよね。

とりあえず今のマンションは気に入っているのでしばらくは住み替えは考えないことにしているけどやはり東京に戻りたい。

一生懸命仕事して、おカネ溜めて都内に戻ろう!

こんなグダグダブログ書いてる間に翻訳会社にでも営業かけてみようか、

あ、でも頑張って仕事して稼いじゃうと税金をたくさん払わなきゃいけない!

そうすると、CHIJIの給料とかセンチュリーとかに行っちゃうかも・・・

そんなのに変換されちゃうくらいなら働かずにグータラしてた方がマシ・・・

でも、そしたら埼玉から抜けられない・・・

と無限ループになってしまう。

そういや、トランプ大統領、このままいったら来年はもう大統領じゃなくなるだろうから、埼玉県知事やってくんないかしら。

こうやって見るとイイ男じゃない、トランプって♡(少なくとも埼玉県知事よかは)

是非是非!今度は埼玉県知事になってちょ!

是非是非是非、アメリカ大統領として発揮したその政治手腕を今度は埼玉で発揮してほしい。

Welcome to Saitama, Mr. Trump!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク