女性のマンション暮らしの老後を考える、いくつまで一人で暮らせる?

八千草薫が88歳で一人暮らし、という話

女優の八千草薫(88歳)ががんで休養、というニュースを今朝聞いた。

出典:THE SANKEI NEWS

女優の八千草薫さん(88)ががんを患っていることを9日、所属事務所が公表した。昨年1月に膵臓がんの手術を受けたが、今年に入って肝臓にもがんが見つかったため、治療…

88歳という年齢がちょっとビックリでしたが、でも今も現役で仕事してたんだ、ってのでまたビックリ、 (丿 ̄ο ̄)丿。

もっとビックリしたのは「八千草薫、1人暮らしのため毎日通院が難しく入院」という報道。

一人暮らしなんだ?

88歳で?

こんな大女優が?

ご主人は2007年に死別されてるようなので10年以上一人暮らしなのか(旦那さんとの間に子供無し)。

女性の一人暮らし、理想の最期

私は死ぬまで一人暮らしを貫きたい!と常々思っていますが、実際それが可能かどうか・・・

理想の最期は平均寿命あたりで家でカツ丼を食べている途中で気持ちが悪くなり、病院に行ったら

「少し入院しましょうかね」

と言われ、その翌日あたりに病院でポックリ・・・と言うのが理想。

これならフランで発見されることもなく私の死後もマンションは瑕疵物件にならずに済む。

でも、その頃にはAIが進んで室内に生体反応が無い場合は自動でどっかに連絡が行くようなシステムが出来てるんじゃないかと思うけど。

あと、定期的にスマートスピーカーが生存を確認してくれるとか・・・

ただ、その頃自分がそういったガジェットを使いこなせているかどうか・・・

ボケちゃってシリだかケツだかわかんね、ってなって必死にアレクサにケツケツと呼びかけてそうな気がする・・・

とにかく88歳までは仕事ができて一人暮らしができるんだ、という実例を知った。

まぁ、元宝塚の大女優なので参考になるのかどうか、疑問ですが。

高齢者向けの宅配食事サービスなどを活用する

別にAIとかスマートなんちゃらでなくても既に高齢者向けの色んなサービスはあるのでそういったものをフルに活用するというのもある。

自分に何かあった時にすぐに見つけてくれるかどうかはともかく、こういう食事宅配サービスとか利用すれば自分が足腰弱って買い物に行けなくなっても食事は何とかできるわけでして。

宅配弁当・宅配食事サービスを簡単比較

八千草薫だったら、誰か買い物に行ってくれる人いそうですが。

森光子とかって晩年はホテル住まいだった気がするなぁ。

そのあたりは一般人と違うのであんまり参考にならないか。

85歳のチアリーダー、滝野文恵

もっと身近なところでは85歳のチアリーダーとして知られる滝野文恵さん、この方が以前テレビの取材で85歳で3LDKかなんかのかなり広いマンションにお一人暮らしだった。

あと、全然身近じゃないけどコシノヒロコも81歳で青山の一等地マンションに一人暮らし。

まぁ、他にも家を持っているようですが。

こう、考えると80代でも『一人暮らし&仕事を持つ』は可能っていやぁ可能。

コシノ3姉妹、左からヒロコ、ジュンコ、ミチコ

あと、草間彌生(89歳)なんかも一人暮らしな気がするけどなぁ。。。

出典:Wikipedia

これは完全にビジュアルから来る私の先入観で言ってますが。

一人暮らし&働く80代、真打ち戸田奈津子

『一人暮らし&仕事をしている』80代は他にもけっこういて、映画の字幕翻訳でおなじみの戸田奈津子(82歳)

出典:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/topics/word/%E6%88%B8%E7%94%B0%E5%A5%88%E6%B4%A5%E5%AD%90.html

こちらはずっとお母さまと二人暮らしのようでしたが、現在はお一人のはず。

お仕事のほうはもちろん、現役です!
片目の視力がほとんど見えないようですがお仕事されています。

インタビューなどを見る限り全然現役を退く気なさそうだけど。

トム・クルーズの来日の際には必ず背後霊のように後ろにくっついてるし。

ここまで全面に出てくる通訳も珍しいやね。

昔に比べて映画の翻訳数はかなり減ってはいますけどね。

厚生年金に加入していた時期はほとんどない人なのでやはり生涯現役でいる必要があるのでしょうね。

この人、全然結婚する気もないし、もし誰かと暮らすにしてもトム・クルーズかハリソン・フォードでないとイヤとか言いそう。

うーん、こうしてみるととりあえず80代前半まではナントカ行けそうな気がする。

ポイントは自分にしかできないやりがいのある仕事をやり続ける(別の言い方をすれば若手になんぞ譲らない)・・・
だと思うけど、結果、ビジュアルが個性的になる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク