Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

愛媛の性格美人ボンビーガール、ゆうさん(21歳)のその後 in 吉祥寺

愛媛の性格美人、上京ガールのゆうさん(21歳)

昨夜のボンビーガール、『上京ガール』は去年の10月16日に放送されて、その性格の良さ?で密かな人気の愛媛から上京したシンガーソングライター志望のゆうさん。

前回の様子;

上京ガール、吉祥寺、井之頭公園近くで家賃5万円はちとキツイ・・・
ボンビーガールと言う番組で私がひそかに注目している上京ガール。 今回はシンガーソングライターを目指し、愛媛から上京する21歳の女性。 ...

とにかく、このコ、物件探しの時にどんな物件でもイヤな顔をせずに必ず良いところをホメるんですよ、

で、

「でも、自分にはこの物件はちょっと・・・」という感じでお断りするみたいな・・・

私なんて自分の低予算を棚に上げて

「よくもこんなクソ物件、紹介しやがって・・・」みたいなこと言っちゃったな・・・反省。

ただ、気になるのは不動産屋さんってこういうコに対しては親身になってくれるのか、それともうまく丸め込んでクソ物件、契約させちゃうのか・・・

どうか、前者であってほしい。

6畳一間にベッド、テレビ台、段ボール40箱

愛媛からシンガーソングライターを夢見て上京したゆうさん、念願かなって彼女の希望する吉祥寺近くに家賃5万2千円の部屋を借りたとこまでが前回の話。

なんで彼女が吉祥寺に住みたいかっつうとこの映画↓の影響だそうです。

今回はお引越しの片付けや仕事探しの様子が放送されてました。

ゆうさん、6畳一間なのに

・ベッド

・テレビ台

・段ボール40個

というとんでもなく荷物が多い。

普通、女性一人の引っ越しは段ボール20個が目安だそうです。

そうだよね、私もそのくらいに抑えたもん。

引っ越しを機にだいぶ捨てるし。

とはいえ、この引っ越し業者さん、大手のサカイ引越センターさんですね。

私は引越し比較サイトとかで安いトコ探しちゃいますけどね。

ゆうさん、荷物の搬入が終わったあと引っ越し業者さんに

「あとで皆さんで飲んでください」

と言って飲みものを渡してた。

お金も大変なのにね・・・まぁ、大した金額じゃなくても「気は心」っていうか。

良いコだな、ほんっと。

ゆうさんというコは全然スレたところがなくてすっごく純朴そうで優しそうで、こういう友達がいたら・・・と思わせる。

が、時おり見せる意志の強そうな頑固そうなとこもあって本当の内面がどんなコなのかな、と思ったり。

片づけのセンスも良くて40箱もあった段ボールも何とか6畳一間にうまく納めていく。

しかも、雑貨好きで雑貨が多いのでヘタすると部屋の中が収拾がつかない状態になりそうなのをセンス良くまとめる。

でも、雑貨好きな人が吉祥寺とか代官山なんかに住んじゃうとますます雑貨が増えちゃって困るんじゃないかと思うけど。

バイトでなく正社員で仕事を探すゆうさん

今回はゆうさんのお仕事探しにも密着。

ゆうさん、シンガーソングライターを目指して上京したのだからしばらくはバイトでつなぐのかと思いきやガッツリ正社員志望だそうで・・・

新宿エルタワー内のハローワークへ・・・

ちなみにエルタワーにはニコンのショールームがあるので私もよく行きます。

ゆうさん、会えるかな。

夢を追いながらもバイトでなく正社員で仕事を探すって良いアイディアだと思います。

だって、バイトって言ったって結局やらされることは正社員とほぼ同じだし、有給もボーナスもないんだからここは粘って正社員探すってさすがゆうさん、堅実だわ。

前職が子供のスイミングインストラクターだったゆうさん、同様の仕事を探しながらも条件次第では他の仕事もアリだそう。

地元愛媛で2年間、スイミングインストラクターをして2年で45万円貯めたそう

で、葬儀屋さんとかの求人もチェックする・・・抵抗ないのか。

彼女が気に入った仕事は大学内の清掃の仕事。

え?!

それ、イヤじゃない?

だって、彼女はまだ21歳、自分と同年代の女子たちが親のカネでキャピキャピする大学キャンパス内で清掃の仕事なんて・・・

このコはそう言うことに対してひがんだり妬んだりしないコなのね・・・

賢い。

私はムリですが。

ちなみにゆうさんのお仕事希望条件はこんな感じ↓

週休2日にこだわるのは作詞作曲やギターの練習に時間を使いたいから。

ボンビーガールでシリーズ化される女の子って・・・

ボンビーガール、というだけあってこの上京ガールで取り上げるコ達は親の仕送りで大学進学するコ達とは違う。

親の仕送りはアテにできず、初期費用から何からすべて自分で何とかしないと。。。

何かね、切なくなるのと同時に可愛くてしょうがない。

多分、私がどちらかと言えばこのタイプの上京ガールだったせいもある(昔の話だけど)。

ゆうさん、今回は仕事決定まで行かなかったけど、良い仕事が見つかるといいな。

沖縄のちひろちゃんがビジュアルと天然キャラで行きあたりばったりでもあっけらか~ん♪としてるのに対し、ゆうさんは若いのに堅実派。

この番組、どういう仕組みかわかんないけど、通常は上京時の部屋探しに一回密着されるだけなのにちひろちゃんやゆうさんのようにシリーズ化されるコは何か反響があるコ達なんでしょうかね。

沖縄の上京ガール、ちひろちゃんのその後・・・相変わらず可愛いけど
沖縄からの上京ガール、ちひろちゃんシリーズ 前回は引っ越し費用の残金8万円しかないのに、初日の夜にコンビニでうどんとおでんで1000円近く...

ゆうさんはどう見てもフツーのコに見えますが、スッゲー才能があって実はもうデビュー決まってるとかないのかな。

無いよね、ギターの弾き語りも上手だけどフツーだったもん。

とはいえ、ゆうさん、応援してます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク