ザ・ノンフィクション 歌舞伎町で生きる 26歳沙世子(さよこ)の場合、会社員でも成功しそう

ザ・ノンフィクション、今日は定番のキャバ嬢ネタ

ザ・ノンフィクション、今日はこの番組のド定番ともいうべきキャバ嬢ネタ。

この番組、キャバ嬢ネタ、大好きですよね、あとはAV女優系・・・

以前は風俗系の話も多かったのですが、さすがに日曜の午後2時と言う放送時間を考慮してか風俗系の従事者のナマナマしい話は最近、影をひそめてますが。

今日の主人公は歌舞伎町のLP Tokyoというキャバクラのママ、26歳の沙世子(さよこ)

23歳でLP Tokyoという店を任された26歳の沙世子ママ

26歳でキャバクラのママやるってすごいと思うけど、彼女、年齢よりもやや老けてみえる。

このように↓、海千山千な感じもするけど、明るくてイイ感じの女性。

人気キャバ嬢だった彼女は23歳で知り合いにその手腕を買われて店を任される、いわゆる雇われママってやつ。

気になる住まいは、都内の賃貸マンション。

タワマンの高層階で家賃は22万円の1LDK。
収入はもちろん、同年代のOLさんよりはるかに高額。
こういう普通の格好をしてるとごく普通の26歳の女の子。

キャバ嬢といえば犬を飼う(チワワ系が多い)というのが定番ですが、沙世子ママは飼ってない様子。

いつもはキャバクラのお客さんに付き合って外食が多いので家にいる時はなるべく自炊をするのだそう。

今まで、この番組で取り上げるキャバ嬢ってちょっと壊れた人が多かったのですが、この沙世子さんってまともなんだよ。

ちょっとどころか、かなり壊れていた人↓

ザ・ノンフィクション 「ママ、どうして死んじゃったの?」22歳のりかさん、不思議
りか22歳、六本木「パーティオン(パリオン)」のダンサー 六本木のキャバ嬢、りか(22歳) キャバクラ「パーティオン(通称:...

明るくごく普通の女の子、沙世子ママ

キャバ嬢になる人ってナンカわけアリな人が多いイメージ(古い?)ですが、この沙世子ママさん、ご両親はごく普通の人で、

お父さんは有名企業のサラリーマン、

お母さんは専業主婦、弟が一人。

と、ごく普通のどちらかと言えば、中の上の一般家庭。

高校卒業後、大学(私立)の社会学部に進学したものの、半年で中退しキャバ嬢の道へ。

このあたりで何でキャバクラ???と思うが。

最近はキャバ嬢とかキャバクラとかっていう水商売に先入観ないのかな。

私のような昭和の人間からすると、女性が水商売で働くってのはよっぽどの事情があってのことっていうイメージあるけど、古いか。

今はキャバ嬢って人気の職業っていうしな、ワケわかんねーや。

何でキャバ嬢ってキャストって言うんでしょうか?

もっとワケわかんねーのはキャバクラってさ、お店で働く人のことをキャスト(語尾、しり上がり↑)って言うよね?

ホステスとか従業員って言っちゃダメなの?

それにしてもなんでキャスト

この沙世子ママと言う人、水商売にありがちなあざとさが無くて面倒見が良くて良い人なんですよね。

こんな良い人でキャバクラのママなんて勤まるのかなって思うんだけど。

やはり、当日欠勤するキャスト達に強く怒れなかったりして、統率がとれないこともある。

でも、こういう人には必ずついて来てくれる人間がいるので最後はそういったキャスト達に救われる、と言う話だったんだけど。(ザックリ言うと)

キャスト達とのストレス問題に加え、酒の飲み過ぎで体調不良・・・

酒の飲み過ぎで体調が不安だった沙世子ママ、店の2周年記念や自分の誕生日パーティがあるのに肝臓の調子が悪くて酒を飲むのが苦しい・・・

病院で点滴を受けながら毎夜、月曜から土曜まで週に6日お店に出勤。

医者からは一度血液検査をするようすすめられている。

もう、最後の方は体調悪くて酒が進まないんだけど、売り上げのためにはお酒を飲まないといけない・・・

沙世子ママを慕うキャスト達のがんばり

彼女のお店にはあまりお酒が強いキャストがいない・・・

必然的に沙世子ママが一人で必死でお酒を飲むのですよ、もう、このあたりは見てて罰ゲームというか苦行というか。

最後、お酒が止まってしまった沙世子ママを見て、彼女を慕うキャスト達がママの代わりに必死でお酒を飲んでお店は過去最高の売り上げを上げる・・・

っていう、感動して良いんだか、バカバカしいんだかよくわかんない話。

で、気になるのは沙世子ママの血液検査の結果・・・

果たして沙世子ママの検査結果は?

あれだけ、体調が悪かったのだから、もしや思わしくない病気では・・・とさんざん思わせておいてからの~・・・

肝臓その他の値はすべて正常で問題無し!

だと・・・

検査結果で異常無し、とわかり嬉しそうな沙世子ママ

沙世子ママの肝臓その他の検査結果↓

今回も相変わらず締まらない内容だったけど、主人公の沙世子ママというのが性格良くて根性もあって、男女問わずどの世代の人からも好かれるようなキャラなんですよね。

キャバクラというと負のイメージが先立つのですが、この方はそういうのが無くて、フツーに会社勤めをしててもそこそこ成功する人だと思う。

正直言うと、私はこういう人は水商売より普通の仕事をしてほしい。
ま、私があんまり水商売って好きじゃないせいもあるけど。

こういう人がプロジェクトの中にいたらうまく回るんじゃないかと思う。

この人をママに起用した人は中々お目が高い。

あと、キャバクラで働く人ってそんなにバカみたいにお酒飲まなきゃいけないの?

それって誰トク?

ザ・ノンフィクションに登場する中では沙世子ママすっげーまともだし、普通に優秀な人だと思う、でもそれじゃ、

ザ・ノンフィクション面白くないんだよな~・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク