マンション 買わない方が良い、という実例を欲しがる友人

一生賃貸で今のアパートに住み続ける!を宣言した友人のMちゃん(来年60、派遣社員)。

一生賃貸の不安 vs.マンション購入のリスク
前々回に書いたこの話↓について、 「ご友人がマンションを買える経済状態なら購入するよう助言してあげた方が良いのでは」 と言ったメッセージ...

以前、彼女に分譲の方が良いと思う、ということを力説し、興味があるならこの↓女性のためのマンション購入講座などを紹介しようと思ったのですが。

一般社団法人 女性のための快適住まいづくり研究会が運営する、女性のマンション購入お役立ちサイトです。私たちは、女性のためのマンション購入セミナーやイベントなどを開催し、女性のマンション購入を応援しています。「女性向けマンションとは?」「新築マンションと中古マンションどちらがいいの?」そんなマンション購入にまつわる疑問に...

そしたらナンカ、あたかもワタシがここの回しモノみたいな感じで拒否られ傷ついたワタシはそれ以降彼女の前でその手の話は出さないようにしていたのですが。。。

もともとマンションを買いたかった彼女は時々、自分から話をふってくるのですよ。

先日も

kokoは住宅ローンの話って全然しないよね。

Kちゃん(共通の友人)は転職したいけど住宅ローンがあるので簡単に会社を辞められないって言ってたよ。

と言ってきた。

まぁ、Kちゃんが買ったのはJR駅近くの新築マンションなので価格も相当高いんで住宅ローンの負担は結構デカそう。

でも、多分、絶対ハズレはない立地なので売却時は間違いなく高値でしょうね。
今は大変だけど、先々考えれば良い買い物ではないかと思う。

それに比べ、ワタシの場合、フリーランスってことで住宅ローンが厳しめなため、自己資金を大量放出で買ったため月々の支払いは家賃の時よりも安いので万が一収入が減ってもニッチもサッチも行かないわけではない。

でも、Mちゃんが聞きたいのはそういう無難な話ではなくて、

買って失敗した!

近所トラブルで大変!!

といった他人の不幸はテイストオブハニーな話のよう。

そう、そして

マンションなんて買わない方が良いよ

と納得させてほしいのだよ。

いや、何も彼女が他人の(しかも友人)不幸を寿ぐような人間ってワケじゃなくて、マンション購入を決断できなかった自分をナンカの形で正当化したいみたいなんですよ。

ならばここぞとばかりに埼玉4区の居心地の悪さをぶちまけるのですが、都内とどこがどう違うのかわからん、と言った感じ。

そして、ぶちまければぶちまけるほど

埼玉4区はイヤだけど、このマンションは好き!

が滲み出てしまうので結局彼女の求めるような失敗例ではない。

Mちゃんとは緊急事態宣言が明けたら久しぶりに会おうね、と話してるんだけどマンション話になると変なテンションが漂うんだよなぁ。。。

そもそも60歳を過ぎたら賃貸は貸してくれなくなる、と言ったのは彼女だったのに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク