独身女性の一生賃貸は現実的にアリかナシか

一昨日のブログの最後の方でチラと書きましたが・・・

一人暮らし、老後の住まいはやっぱり
先日のオンラインマネーセミナー講師のFP(女性、50代?)の話を聞いてて気づいたのですが・・・ FPって老後の住まいの話をする...

友人のMちゃんは現在住んでいるアパートに老後も住み続ける!と言い張ってきかない。

まぁ、個人の自由なのでそれはそれで別に良いけど四半世紀前に賃貸派だったワタシに

トシを取ったらどうするの?

賃貸ってトシを取ったらどこも貸してくれないんだよ。

と言ったのは彼女だった。

そんな彼女も紆余曲折を経て結局マンションを買いそびれた感じで来年60歳。

スイートシックスティーンならぬスイートシックスティになられるわけです。

こんな老けてないっつうの

彼女曰く現在のアパートは10年前に新築で入居して以来ずっとトラブルなくやっているので今後もずっと住めそう・・・

というのですが。

そのアパートは個人経営で高齢の大家さん夫婦とも顔見知りだという。

でも、もし高齢の大家さんに何かあって経営者が変わったら?

と聞いたところ、大家さんには現在40歳くらいの息子家族がいて彼らがそのまま引き継ぐという。

で、人懐っこく、人付き合いの良い彼女はその息子さんとも顔を合わせるたび友好な関係を築いている、という。

だったら、そのまま死ぬまでそこに住めるのか?

そのアパートは駅も近く、スーパーも直近に何件かあって便利は便利らしいけど、なんでそこにそんな固執するのかちょっと解せない。

マンションと違いアパートなので防音なんかもそれほど良くないみたいだし。

あと、アパートって耐久性何年くらいなんだろ?

あと30年くらい経って彼女が90歳くらいになったとき取り壊しで出ていかなくてはならなくなったらどうするんだろ。

と他人事ながら気になってしまう。

正確な家賃は知らないけど場所がら少なくとも7万円くらいはするんじゃないかと思う。

そうなると生涯払い続けるのは負担が大きい気もするが。。。

彼女は死ぬまで働くつもりだと言う。

しかし、彼女はスキルワーカーというわけではないので今の派遣先が終わると事務職で仕事を探すのはかなりキツイんじゃないかと・・・

そんなことくらいわからない人ではないハズだけど。

悩ましいのは;

彼女はワタシに彼女の意見に同意して安心させて欲しいのか、

or

反論してマンション購入へと気分を上げるよう説得して欲しいのか、

わからず悩んだ挙句、

『まぁ、人生いろいろだからねぇ・・・』

と島倉千代子みたいな返信を返してしまった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク