東武練馬の踏切事故、あの場所で歩きスマホ?

東武練馬駅脇の踏切事故、おっどろいたわぁ~。

旧居の近くだったし、あの踏切は東武練馬のイオンに行く度に通る場所だったので、以前はほぼ毎日通っていた。

このイオン↓

一番、おっどろいたのは何であんな場所で歩きスマホをしてたのか・・・っつうこと。

だって、この踏切はこのイオンへの行き返りの人や駅の乗降客でいっつも混んでるんですよ。

しかも、そこへ自転車や車を通る・・・

ベビーカーを押すママさんも通る・・・

ベビーカーのような手押し車を押すご高齢のご婦人も通る・・・

で、この踏切はそんなに広くないので混雑時はこの踏切内はもうカオスな状態。

以前はここの遮断機、下りてくるとき徐々に降りてくるのではなく一気に下りてきたんだよね。

そう、まるでこのししおどしのようにスコーンと。

ししおどしの商用利用可フリー写真素材2372 | フォトック

踏切内が混雑して中々進めないとこにししおどしのように遮断機が下りてきて頭をコッツーンとやられたことが何度かある。

なのでとてもじゃないけど、スマホなんか見てらんないと思うが。

この事故が起きたのは7月8日の午後7時半頃、亡くなったのは31歳の女性で仕事帰りという。

踏切内で立ち止まっていたため、当初は自殺という線も考えられていたようだが、事故当時、スマホの画面に集中していたため、自分が踏切の外にいると勘違いしてしまったらしい・・・

ちなみにイヤホンはカバンの中に入っていて警報音は認識していたのではとの話。

事故当時の現場、東武練馬駅付近。

事故当時は踏切の両側に10人ほど人がいたらしいが皆スマホを見ていてこの女性に気付かなかったという。

ちょっと信じられない。

このカオスな踏切でそこまで危機管理能力が麻痺するってちょっと考えられない。

こういうとこで歩きスマホするのほんっと止めて欲しいと思うんだよね。

後ろが使えて周囲の人間が危ないわって時あるもん。

亡くなられた方はまだ若いし本当にお気の毒だとは思うけど、何でもうちょっと他者に気を遣ってくれないのかとも思う。

歩きスマホ、ほんと怖いよ。

ここ、埼玉4区は道路事情が悪い上にドライバーのマナーも甚だ疑問で普通に歩いてても危険を感じるので歩きスマホどころじゃない。

埼玉内では異様に周囲に気を配りながらソソクサと外を歩く私は見ようによっては不審者だよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク